トレンドニュースをグローバルな視点からちょっと深掘りします

とにかく明るい安村に審査員全員【Yes】ブリテンズ・ゴット・タレント

とにかく明るい安村に審査員全員【Yes】ブリテンズ・ゴット・タレント

こんにちは。お笑い芸人の「とにかく明るい安村」さんが、4月22日夜20時に放送された「ブリテンズ・ゴット・タレント」で、日本ではおなじみの裸芸を披露して、なんと、審査員四人全員から「YES」を獲得するという快挙を成し遂げ、準決勝進出を決めました。そのオーディションの様子をヨーロッパから速報します。

果たして、今年こそ、日本人初の優勝者が「ブリテンズ・ゴット・タレント」から出るのでしょか?

*速報!6月2日夜8時にセミファイナルが行われました。「とにかく明るい安村」さんは、トップ3入りは果たしたものの、決勝進出は逃しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「とにかく明るい安村」さんについて


引用元: youtube.com

プロフィール

本名
安村昇剛(やすむら しょうごう)

ニックネーム
ヤス、トニー

生年月日
1982年3月15日

出身地
北海道旭川市

身長 177cm

最終学歴
旭川実業高等学校

出身
NSC東京校6期

芸風 裸芸

事務所 吉本興業

活動時期 2000年 –

ブリテンズ・ゴット・タレント

「ブリテンズ・ゴット・タレント」はイギリスのテレビ局ITVで放送されている公開オーディション番組です。

この放送は、2005年にイギリスで始まった「ポール・オグラディズ・ゴット・タレント」が前身で、2007年から「ブリテンズ・ゴット・タレント」として、スタートしました。

「アメリカズ・ゴット・タレント」の前身も2005年からイギリスで放送されていた「ポール・オグラディズ・ゴット・タレント」です。

「アメリカズ・ゴット・タレント」は、今でも「ブリテンズ・ゴット・タレント」の審査員を務めているプロデューサーのサイモン・コーウェルさんが中心に始まったのだそうです。

今では、世界72カ国でそれぞれその国の「ゴット・タレント」が開催されていて、2023年には日本版の「ジャパンズ・ゴット・タレント」も開催されました。

今回、4月22日放送の「ブリテンズ・ゴット・タレント」オーディションの審査員は、A&R社役員兼プロデューサーの、サイモン・コーウェルさん、

とにかく明るい安村に審査員全員【Yes】ブリテンズ・ゴット・タレント
引用元: wikipedia

女優のアマンダ・ホールデンさん、

とにかく明るい安村に審査員全員【Yes】ブリテンズ・ゴット・タレント
引用元: wikipedia

歌手のアリーシャ・ディクソンさんと、

とにかく明るい安村に審査員全員【Yes】ブリテンズ・ゴット・タレント
引用元: wikipedia

イタリア人振付師のブルーノ・トニオリさんの4人でした。

とにかく明るい安村に審査員全員【Yes】ブリテンズ・ゴット・タレント
引用元: wikipedia

の四人でした。

パフォーマンスの終了後に4人の審査員から過半数の「YES(合格)」を獲得することができなければ、次のラウンドに進めません。

一つだけ、例外があって、審査員が、あるパフォーマーを

「すごい!どうしても次に進めさせたい!」

と思ったら、テーブルの中央に1つだけ置かれた金色のボタン「ゴールデン・ブザー」を推すことができます。でも、その「ゴールデン・ブザー」を、各審査員は、各シーズンに一度だけしか押すことが許されていないので、「ゴールデン・ブザー」が鳴ることは珍しいです。

過去には、2022年の5月に、マジシャンの岩崎圭一さんが、「ブリテンズ・ゴット・タレント」の場で日本人で初めて「ゴールデンブザー」を獲得しました。

あと、審査員の気を損ねないことも大事で、4人の審査員は、それそれ赤いブザーを持っていて、押すとXライト(バツマーク)が赤く点灯します。審査員全員のライトが点灯してしまうと、パフォーマーは強制退場させられ失格になります。

「とにかく明るい安村」の裸芸が大ウケ

とにかく明るい安村に審査員全員【Yes】ブリテンズ・ゴット・タレント
引用元: yahoo.co.jp

4月22日ロンドン時間の20時放送のオーディションでは、「とにかく明るい安村」さんは、黒いバスローブを着てステージに登場しました。

そして、観客に自己紹介をして、審査員のアリーシャ・ディクソンさんと「お茶が大好き」などとスモールトークもして、まず、「ロイヤルファミリーの前でパフォーマンスするという夢を追いかけて、地球の反対側へやってきた」ことを明かします。

そのあと、「とにかく明るい安村」さんが、裸芸に入るために、黒いローブをさっと外して、パンツ姿になると、みんな意表をつかれてます。審査員のアマンダ・ホールデンさんは、

Ohhhh! Hello!!

と叫び、隣に座っていたアリーシャ・ディクソンさんは、驚きのあまり立ち上がります。

そのあと、「とにかく明るい安村」さんは、ゆっくり、はっきりと、英語で

「I’m wearing Pants(僕はパンツを履いています)」

と言うと、もちろんみんな

「それは、誰にも見えてるから、いちいち言う必要ないじゃん」

と思うので、客席から小さな笑い声が聞こえてきます。

審査員のアマンダ・ホールデンさんも、「みんなわかってるよ」と言う意味を込めて、

Yes!

と力強く返事します。そこで、「とにかく明るい安村」さんが続けて、

「but I can pose naked(でも、僕、裸でポーズをとることができるのです)

と言います。

それを聞いて、「とにかく明るい安村」さんがどんな裸芸をするのか知らない審査員は、ちょっと意表をつかれ、もしや全裸になるのでは、と勘違いして、お互いの顔を見合わせます。

審査員のブルーノ・トニオリはすかさず、

「ノー、サンキュー」

と言い、アリーシャさんも

「ノー、ノー」

と言って嫌な顔をします。

でも、「とにかく明るい安村」さんはすごーく落ち着いていて、そんな「ノー」の声を全く気にせず、音楽に合わせて、最初の「裸のサッカー選手のポーズ」をパフォーマンスしました。

とにかく明るい安村に審査員全員【Yes】ブリテンズ・ゴット・タレント
引用元: twitter.com

音楽が止まって、「とにかく明るい安村」さんがポーズをとると、客席から見ると、実際に全裸でそこに立っているかのように見えるので、突然、ドッと大きな笑い声が起こりました。

この芸は、イギリス人にとっては、明らかに新鮮だったのでしょう!

(日本人にはお馴染みの裸芸ですが…)

その爆笑の中で「とにかく明るい安村」さんが、すかさず

Don’t worry! I’m wearing..心配しないで、僕、履いてるから…)」

と、すごーく落ち着いた声でゆっくりと言って、自分のパンツを指さすと、若く美しい審査員のアマンダ・ホールデンさんが、ノリッノリで

「Pants!」(パーンツ!)

と叫び、場内は沸き返りました。

2番目の「競馬の騎手」の裸のポーズの後も、「とにかく明るい安村」さんの

Don’t worry! I’m wearing..

に、またまたアマンダ・ホールデンさんが、じつに息の合ったツッコミを入れて

「Pants!」

と叫び、観客は大喜び!

3番目の裸のポーズは「ジェームズ・ボンド」これは、もっとウケました。「とにかく明るい安村」さんがまた、

Don’t worry! I’m wearing..

と言うと、今度は、なんと二人の美人審査員が声を合わせて

とにかく明るい安村に審査員全員【Yes】ブリテンズ・ゴット・タレント
引用元: youtube.com

「Pants!!」

と叫びました!もうアマンダ・ホールデンさんは、立っています。アリーシャ・ディクソンさんも両手の人差し指を前に突き出していて、すごい盛り上がりようです!

最後に「とにかく明るい安村」さんが、「スパイス・ガールズ」の「Wannabe」のポーズで締めくくると観客に伝えると、

一番最初の方は、全裸になるのかと勘違いして

ノー、ノー!!!

とのり気ではなかったアリーシャ・ディクソンさんもノリッノリで

Come On!!! 

と全力で叫んでいます。

「スパイス・ガールズ」の「Wannabe」のポーズが終わると、観客と審査員は大盛り上がりで、スタンディング・オベーションが巻き起こり、「とにかく明るい安村」さんのオーディションは大成功でした。

もちろん、ベテランの落ち着きを終始持ち続け、究極の集中力で挑んだオーディションの最後に、言い忘れてはいけない一文があります!

「とにかく明るい安村」さんが、またゆっくり落ち着いて、

Don’t worry! I’m wearing..

と言うと、今度は、


引用元: youtube.com

アリーシャ・ディクソンさんも、もうじっとしてはいられず、二人とも両手を広げて、スタンディング・オベーションで、

Pants!!(パーーーーーンツ!)

と絶叫しました。

結果は審査員全員が「Yes」

とにかく明るい安村に審査員全員【Yes】ブリテンズ・ゴット・タレント
引用元: yahoo.co.jp

結果は、審査員全員が「Yes」で、次のラウンドへの進出が決まりました。

それがどんなにすごいかというと!

2022年に、日本人で初めて、世界の最大で最難関のゴット・タレントの本拠地「ブリテンズ・ゴットタレント」で、審査員全員のYesとゴールデンブザーを貰った岩崎圭一さんに、匹敵する凄さです。

詳しくはこちらをどうぞ!⇓

とにかく明るい安村の勝因徹底解説!ブリテンズ・ゴット・タレント’23

昨年、岩崎圭一さんは、審査員全員の「Yes」とゴールデンブザーを貰ったにもかかわらず、残念ながら、コメディアンのAxel Blakeさんに敗れ、優勝することはできませんでした。

ちなみに、Axel Blakeさんは、サイモン・コーウェルさんからのゴールデンブザーの獲得者でした。

「とにかく明るい安村」さんが、このまま勝ち進めば、「ブリテンズ・ゴット・タレント」の場で、日本人で初めての優勝者が出るかもしれません。

まとめ

「ブリテンズ・ゴット・タレント」での盛り上がり様は、裸芸に慣れている日本人からすると、予想以上で、びっくりです。

でも、イギリスのテレビを見てると、全裸の人(本当に何も履いていないし隠してない)が出没することが時々あるので、そういう意味では、イギリス人は裸になれているのかもしれません。

さあ、今年こそ、「ブリテンズ・ゴット・タレント」から日本人初の優勝者が出るといいですね!

「とにかく明るい安村」さん、応援してます!

6月2日夜8時、セミファイナルの様子はこちらをどうぞ⇓

とにかく明るい安村BGTセミファイナル・トップ3の快挙!現地速報

6月11日ワイドナショー出演の様子はこちらをどうぞ⇓

とにかく明るい安村が吐くほど東野幸治にイジり倒され炎上【ワイドナ】

スポンサーリンク