トレンドニュースをグローバルな視点からちょっと深掘りします

平野紫耀画伯がレベルアップ!最新タブレット画像【人魚】を過去画像と比較

平野紫耀画伯がレベルアップ!最新タブレット画像【人魚】を過去画像と比較

こんにちは、karasuです。

元King & Princeで、TOBE所属の平野紫耀さんが8月2日に自身のインスタグラムにタブレットで描いた「人魚」を初公開して、ファンに絶賛されています。

今回のタブレット画像が、どのくらいレベルアップしたのか、平野紫耀さんの過去のイラストと比較してみました。

スポンサーリンク

平野紫耀さんについて

プロフィール

生年月日
1997年1月29日

出身地
愛知県名古屋市

身長 171 cm

職業
アイドル・歌手・俳優・タレント

ジャンル
J-POP・テレビドラマ・舞台・映画

活動期間 2010年 –

事務所
ジャニーズ事務所(2012年 – 2023年)
TOBE(2023年 – )

「平野紫耀画伯」と言われる理由

元&現King & Princeのメンバーは、昔から独特の絵を描くことで話題になっていました。

元&現King & Princeのメンバーの中で、ただ一人絵が得意なのは、高橋海人さんです。

高橋海人さんは、2019年に「ジャニーズ初の少女漫画家」としてデビューして、「ベツコミ」(小学館)で約4年間も連載を持っていました。

ですが、彼以外の平野紫耀さん、神宮寺勇太さん、岸優太さん、永瀬廉さんたち4人は、何かわからない不思議な絵や、「どうやったらこう描ける?」と疑問に思ってしまうような絵を描くことで有名です。

そのため、ファンにいじられ、冗談まじりに「平野画伯」とか「永瀬画伯」などと呼ばれているのだそうです。

平野紫耀の過去に描いた絵

さて、まず、平野紫耀さんが過去に描いていた絵が、本当に不思議な絵だったのかを見てみます。

たぶん2015年頃の絵


引用元: ameblo.jp

この絵は、平野紫耀さんのイメージする、憧れのお姉さんだそうです。

平野さんは、髪を片方の耳にかけているのが好きですが、昔はロングが好きだったけど、最近は短めも好きだとか。

でも、外見の好みとかはなくて、料理とかが好きな家庭的な人が好きなのだそうです。

この絵は、まあまあ可愛いので、平野さんの絵の中では、「普通の絵」に分類されるのではないかと、思います。

2016年8月の絵


引用元: ameblo.jp

上の画像は、「自分が着てみたい衣装」だそうです。

絵だけ見ると、

「こんなボロボロの服着たいの?」と聞きたくなるような絵ですが、まあ、そこはスルーして次の絵にいきましょう。

次の絵は、

「もし女の子だったらどんな衣装が着たい?」

という質問に対する答えで、

「ナース」です。

胴だけがやたら長い不思議なプロポーションのナースですね。


引用元: tiktok.com

次の絵は、あるバラエティー番組の「絵伝言ゲーム」で

「寿司を握る猫」というお題が、

「愛し合う二人がまんじゅうの交換をしている」

に変化したものです。


引用元: ameblo.jp

元小学校教師の友人に言わせると、この絵は、小学校一年生レベルだそうです。

あどけなさが、かわいいですけどね!

次は自画像です。たぶん、知らなければ、これが平野紫耀さんの自画像だとは、誰も気づかないでしょう。


引用元: ameblo.jp

次は、平野紫耀さんが、ジャニーズWESTの桐山照史さんを描いたカルタの絵です。


引用元: ameblo.jp

これを見た桐山照史さんは、爆笑した後に、平野紫耀さんに

「覚えてろよー」

と言ったそうです。

そして、次は、平野紫耀さん作の永瀬廉さん。


引用元: ameblo.jp

karasu
こ、これはとても強烈!

2019年9月の絵


引用元: tiktok.com

それから約3年後、平野さんはA-Studioに出演して、鶴瓶さんの絵を描きました。

devy
この方がもっと
強烈じゃない?
その絵をTシャツにしてサイン入りで鶴瓶さんにプレゼントしています。


引用元: tiktok.com

でも、強烈度では、その上をいく絵がまだありました。

この下のオバケみたいな顔は、平野紫耀さんの理想の女の子です。


引用元: tiktok.com

karasu
ぶ、ぶきみ

2019〜2021年あたりの絵


引用元: tiktok.com

平野紫耀さんと橋本環奈さんは、赤坂アカによる同名ラブコメ漫画を実写映画「かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦」で共演しています。
その宣伝で、あるバラエティー番組に出演した時に平野紫耀さんが描いた「かぐや姫」が、上の画像です。
かぐや姫を演じた橋本環奈さんは、これをみて、「何これー」と怒っていました。
そして、下の画像が、平野紫耀さん作の「(映画)監督」です。


引用元: tiktok.com

devy
も、もはや人間に見えない

下の絵は「部活がんばってる人へ(の)お弁当」ですが、ついに、平野紫耀さんは絵で表現するのは諦めて、ご飯のところに「米」と書いてます。

ほかのおかずも、おかずに見えませんが、左下の「3本の木」のようなものは、ブロッコリーなのかもしれませんね!


引用元: tiktok.com

次は、平野紫耀さんの「理想のランド」だそうです。

「人間」を描くのは、基本的に苦手みたいで、いまだに棒人間ですね!

でも、多分、大きなジェットコースターが描かれているのではないでしょうか。

「楽しそうなランド」ではあります。


引用元: tiktok.com

次は、平野紫耀さんの24歳の時の「夏の思い出」です。

今回は、人間が「棒人間」ではなくなっているので、技術的な進歩が見られます。

karasu
でも
人が斜めに
立ってるねー


引用元: tiktok.com

devy
あと、右下に顔だけの人もいるね…
ホラー?

本当に不思議な絵ですが、不思議という点でその上を行っているのが、次の絵でしょう。

あるバラエティー番組で「一寸ぼうし」の絵を描かなければならなかったのですが、平野紫耀さんは、「一寸ぼうし」の物語を知らなかったらしく、この絵のタイトルは

「いっすんも帽子を被ったことがない」

という意味不明なものになってしまいました。


引用元: tiktok.com

さあ、話は変わり、平野紫耀さんの一番好きな言葉は、「入場無料」なのだそうです。


引用元: tiktok.com

漢字が間違っているのは、忙しいアイドルにはあるあるのことですね。

そして、クリスマスカード。

一見、「汚い字!」と思うかもしれませんが、平野紫耀さんは、とても頑張って丁寧に字を書いたに違いないそうです。

2022年2月の絵


引用元:mdpr.jp

2022年に入って、自分の裸をモチーフにした上の絵と、

「透明になれるコートがあったら何をしたい」という質問の答えで、

「女子風呂に入りたい」という絵を書いています。

幽霊みたいな人間の他に、また棒人間も登場しているので、技術的には、少し後退したような感じもします。

女子か男子かさっぱりわかりませんし。


引用元: tiktok.com

2023年4月の絵


引用元: tiktok.com

ところが、2023年になって、突然、「描くテクニック」が躍進しました。

2023年4月にとあるバラエティー番組で描いた

「シャンプーをするカッパ」

では、「画力が突然アップした」としか考えられません。

平野紫耀さんの絵で、何を描いているのか一眼でわかるというのは、すごい進歩だと思います。

今までそんな「何を描いているのか一眼でわかる絵」を描いたことはありませんでした。

タブレットで描いた「人魚」


引用元: instagram.com

平野紫耀さんは、2023年4月に出演した番組で

僕も最近、絵を始めたんですよ。抽象的なもの。柄であったりとか
(絵の具ではなく)タブレットで。今はもう令和なので

と明かしていました。

そして、8月2日に

前にどこかで話したことあったと思うけど
タブレットで絵を描く暇つぶしにハマっております平野紫耀です。
夏っぽいもの描きたいなーと思って
なんか人魚思いついたから描いてた

引用元: instagram.com

とコメントして、上の背景の色が異なる3つの絵を公開しました。

ファンの反応


引用元: instagram.com

What a beautiful idea!
It is an artistic piece.
The colors are very stylish.
You have a great artistic sense.
人魚の後ろ姿。そのチョイスと柄模様の細かさに紫耀くんを感じます 芸術センスありすぎる!!
綺麗な色使い 紫耀くんの心が綺麗な証拠だね
インスタ開いていきなりこの画像で、どこのデザイナーさんのpostだろ?って思って左上見たら紫耀くんじゃーん すごいね、紫耀くん
こんな才能もあるなんて 見入ってしまう素敵な色使い。綺麗なマーメイドの背景色にも感動です。

紫耀画伯だね 額縁飾りたいわ 今後、何かのデザインとかに使って欲しいーー 紫耀クンて多彩だねぇ

引用元: instagram.com

みなさん大喜びですね!平野さんの才能にも驚いているようです。

なぜこれほどレベルアップしたのか


引用元: instagram.com

それは全くわかりません。

でも、暇な時に、タブレットで絵を描くということは、

「絵を描くことが好き」

なのでしょう。

好きな事を続けてると、なんでも上達するものなので、暇な時に描くことにハマっているうちに、自然とセンスや技術が磨かれていったのかもしれませんね。

タブレットだと、サンプルがあって、そのサンプルの中からデザインを選んだりできるのかもしれませんが、それを使っていないのかもしれませんし。

でも、鱗の色とかは、たぶん自分で選ばないといけないと思うので、どちらにせよ、配色のセンスは問われるかと思います。

あと、ファンからのコメントで

「人物書くより、こうゆうほうがいいのかも」

というのがありました。

また、ペンで紙に描くより、タブレットでこのようなデザインがを描く方が、平野紫耀さんんには合っているのかもしれませんね。

「独創的なセンスの持ち主」なので、写実的な方ではなくて、幾何学模様などの方が向いているのかもしれません。

あとがき

これからも、平野紫耀さんの楽しい絵がたくさん見れるといいですね!

私としては、何を書いているかわからない、不思議な絵の方が、面白くて、好きですが、だんだん描いているうちに、どんどん普通に上手くなっていくのかもしれません。

スポンサーリンク