トレンドニュースをグローバルな視点からちょっと深掘りします

中沢元紀なぜピッチャー役に?未経験でも選ばれた理由【下剋上球児】

中沢元紀なぜピッチャー役に?未経験でも選ばれた理由【下剋上球児】

こんにちは、karasuです。

2023年10月スタートの鈴木亮平さん主演・日曜劇場「下剋上球児」(TBS)の野球部員キャストの一人に選ばれた中沢元紀(なかざわもとき)さん。

ですから、野球部員役を演じるのはこれで2回目ですが、今回は、ピッチャー役に初挑戦します。

なぜ中沢元紀さんは、投手未経験なのに、他の経験者を退いてエースの犬塚翔役に抜擢されたのかをお伝えします。

さらに、中沢元紀さんは、この秋公開の2つの映画、「さよならモノトーン」と「沈黙の艦隊」にも出演していますのでそちらもご紹介します。

スポンサーリンク

中沢元紀さんについて


引用元: instagram.com

プロフィール

本名 中沢元紀(なかざわもとき)

生年月日 2000年2月20日

出身地 茨城県 (実家は現在仙台市)

身長 183 cm

家族 両親、姉

デビュー
2021年12月にインスタ開設
2022年 フジテレビ「ナンバMG5」でドラマデビュー

事務所 トライストーン・エンタテインメント (2021年10月〜)

中沢元紀さんの過去の出演は、次の通りです。

ドラマ 2022年
フジテレビ「ナンバMG5」山田亮太役
Netflix「First Love 初恋」
TBSドラマストリーム「埼玉のホスト」高崎セン
引用元: tristone.co.jp

CM 2022年
ハーゲンダッツ
NTTドコモ U30「あの恋をもう一度」
イーデザイン損保 新自動車保険
美少女RPGゲーム「放置少女~百花繚乱の萌姫たち~」株式会社ミニミニ「憧れのヒーロー篇〜映画『シン・仮面ライダー』タイアップCM〜

2023年
コカ・コーラ「Coke STUDIO マーメイド」篇
引用元: tristone.co.jp

などです。

芸能界入りしてから、まだ2年経っていないのに、もうすでにこれだけのドラマや、CMをこなしているなんて、すごいですよね!

「下剋上球児」のエース犬塚翔役に選ばれた理由


引用元: instagram.com

日曜劇場「下剋上球児」についてはこちらをどうぞ⇓

顔画像【下剋上球児】野球部員総まとめ!キャスト12名のプロフィール

中沢元紀さんの野球歴は、小学5年生から中学3年生まです。

高校に入って野球部の体験に行ったのですが、軟球から硬球に変わった違和感で、肩に怪我もして、野球部に入るのは諦めたそうです。

ということは、野球歴はたったの5年で、甲子園経験者や、野球強豪校出身のごろごろしている中では、目立った経歴ではありません。

それに、ピッチャーは未経験。

ハンドボール経験者で、方周りの筋肉には自信があるそうです。

中沢元紀さんは、実は、最初は、ピッチャー志望ではなく、一塁手志望だったのです。

ところが、ちょっと投球もやってみたら、筋がいいとピッチャーコーチに気付かれ、ピッチャーの審査も受けることになったのでした。

10級投げて審査される実技試験で、一球投げた後に、ピッチャーコーチの元ヤクルトスワローズの副島孔太さんから

「足ついてさ、ばシーンって膝を伸ばすイメージ」

とアドヴァイスをもらいました。

すぐに、それを自分でやってみようと試みた中沢元紀さん。

まず、その前向きな一生懸命な姿に、好感度は爆上がりしました。

でも、もっとすごかったのは、そのピッチャーコーチからのわずかなアドヴァイスで、すぐにコツを掴んで、バシッとストライクゾーンに決まるいいピッチングをマスターしてしまったのでした。

その、驚きの急成長を番組スタッフは

ピッチャーとしての才能の原石!

と名付けてしまうほどでした。

コーチの副島さん曰く

「多分そんなに経験ないと思うのですが、一番ピッチャーっぽいですねー
ちょっと練習して、フォームを修正したら、ほんと2倍も、スピード普通に出ると思います」

副島さんのいう通りで、そのピッチャー審査の場で、中澤さんは、すでに、自己ベストの球速127km/hを叩き出したのでした。

そんなわけで、ピッチャーとしての経験豊富の他の候補者を押し除けて、中沢元紀さんが見事に、エース役の座を勝ち取ったのでした。

地元の大地主犬塚樹生の孫で名門クラブチームの元エースである犬塚翔の役をゲットした中沢元紀さん。

ピッチャーとしての才能の原石

が、この日曜劇場「下剋上球児」で、どう成長していくのか、とても楽しみですね!

チームの期待を背負って立つことになる一年生エース役は、もちろん、選手12人の中でも、最もカナメとなる役の1つです。

karasu
すばらしいねー
ちなみに、バッティングの審査では、ヒット1本に終わっっていたのですが、スイングスピードとバッティングフォームが良くて、コーチからカメラ映えすると、絶賛されていたのでした。

2度目の野球部員役


引用元: instagram.com

中沢元紀さんは、実は、ドラマデビュー作の「ナンバMG5」でも、高校球児役を演じています。

この連続ドラマ「下剋上球児」で、同じく高校球児役をつかんだ椿谷真倫役の伊藤あさひさんが、2020年の朝ドラ「エール」、2021年のショートドラマ「海と空と蓮と」に続いての3回目の野球部員役を演じるということで、話題になっていました。

詳しくはこちらをどうぞ⇓

伊藤あさひ高校球児役ばかりする理由【下剋上球児】の椿谷真倫役で3回目

ところが、なんと、芸歴たった2年にも満たない中沢元紀さんも、実は、ドラマデビュー作の「ナンバMG5」で、高校球児役を演じていたのでした。

事務所の先輩、間宮祥太朗さんが主役だったこのドラマで、主要キャストではありませんでしたが、野球部員役でドラマデビューを果たしていました。

事務所の先輩、間宮祥太朗さんとのスリーショットが楽しそうですね!


引用元: instagram.com

昨日は、「ナンバMG5」第7話ご視聴頂きありがとうございました!

野球部に対しての反響もいただけてとても嬉しいです。
ありがとうこざいます
引用元: instagram

中沢元紀が2023年秋出演のドラマと映画がすごい

中沢元紀2度目の野球部員役【下剋上球児】23’秋公開映画2作にも出演

昨年、デビュー1年目で、すでに、意欲的に芸能活動を進めていた中沢元紀さん。

2023年に入っても、その勢いは衰えることがありません。この秋には、ついに日曜劇場「下剋上球児」への出演件をゲットしました。

このドラマでは、野球部員役ということで準主役級の大役です。

しかし、中沢元紀さんの活躍はそれだけではないのです。その日曜劇場「下剋上球児」への出演が決まるよりもずっと前に、中沢元紀さんは、この秋公開される2つの全く違う映画の撮影を行っていたのでした。

そして、ちょうどこの秋に、両方の映画が、公開されました。

その一つ目の映画が10月6日公開の「さよならモノトーン」で、もう一つの映画が9月29日から公開されている「沈黙の艦隊」です。

映画「さよならモノトーン」の藤宮誠役


引用元: instagram.com

「さよならモノトーン」は、中沢元紀さんの初出演映画です。

「さよならモノトーン」では、中沢元紀さんは、中田圭祐さん演じる主人公、瀬野修太の友人、藤宮誠を演じます。

藤宮誠という役柄は、周りを巻き込んで、自分から盛り上げていくような攻めの役で、主人公の瀬野修太をテンションで引っ張っていくような役なのだそうです。


引用元: youtube.com

こちらが中沢元紀さんのインスタに投稿されたコメントです。

映画「さよならモノトーン」に出演させていただきます!

初映画作品です!

主演の中田圭祐さんを始め、

皆さんと素敵な作品にできるように頑張ります

引用元: instagram

映画「沈黙の艦隊」の平沼晃輝役


引用元: instagram.com

映画「沈黙の艦隊」は、かわぐちかいじさんの大ヒットコミック「沈黙の艦隊」の実写版です。

かわぐちかいじさん作のコミック「沈黙の艦隊」は、1988年から1996年まで「モーニング」に連載されていました。

核戦争などの問題提起が、当時、話題になって、論争を呼び社会現象までなりました。

今まさにヨーロッパ諸国は、ロシアの核の脅威に脅かされていて、日本も北朝鮮などの他国からの核の脅威に脅かされています。

そんな世界情勢の中で映画化された「沈黙の艦隊」は、連載から30年経った今、まさに、タイムリーな映画ですね。

そして、この映画の何がすごいかというと、今回、撮影のために、実物の潜水艦を使用することが実現したのでした。

邦画で本物の潜水艦を用いるのは初めてということで、ドラマチックな海中バトルになること間違いなしですね。

で、もう一つすごいのは、豪華キャストです。

大沢たかお
玉木宏
上戸彩
ユースケ・サンタマリア
中村倫也
中村蒼
水川あさみ
手塚とおる
酒向芳
笹野高史
橋爪功
夏川結衣
江口洋介

という錚々たるメンバーです。

芸歴2年目の中沢元紀さんは、もちろん、こんな凄い映画の主要キャストには、含まれていませんでしたが、作品への意欲はひしひしと感じられます。

こちらが中沢元紀さんのインスタに投稿されたコメントです。

映画「沈黙の艦隊」に出演させていただきます!

玉木宏さん演じる深町艦長の船「たつなみ」の操舵員である平沼晃輝 役を演じさせていただきました。

撮影前から所作指導をしていただいたので、

壮大でリアリティのある作品になっていると思います!

引用元: instagram

おわりに

デビューからまだ2年ほどで、次々に大役を勝ち取っていく中沢元紀さん。

演技力には定評があります。

どちらの出演映画も、気になりますし、日曜劇場「下剋上球児」も見逃せませんね!

スポンサーリンク