トレンドニュースをグローバルな視点からちょっと深掘りします

草彅剛は服部良一がモデルの役【ブギウギ】次男8歳でジャニー氏から性被害

草彅剛は服部良一がモデルの役【ブギウギ】次男8歳でジャニー氏から性被害

こんにちは、karasuです。

元SMAPの草彅剛さんは、現在10月2日からスタートする、NHK連続テレビ小説「ブギウギ」の撮影の真っ只中です。

そして、草彅剛さんが朝ドラ「ブギウギ」で演じる作曲家の羽鳥善一という役は、モデルが作曲家の(故)服部良一さんです。

その(故)服部良一さんの次男、吉次さん(78)がジャニー喜多川氏からの性被害を激白したことから、「ジャニーズの因縁が深すぎ」とつぶやかれています。

スポンサーリンク

草彅剛さんについて


引用元: instagram.com

プロフィール

別名義 チョナン・カン

生年月日 1974年7月9日

出生地 愛媛県西宇和郡三瓶町(現・西予市)

出身地 埼玉県春日部市

身長 170 cm

職業 歌手・俳優・タレント・YouTuber

ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台・CM

活動期間 1987年 – 

配偶者 一般人女性 2020年 – 

事務所 ジャニーズ事務所(1987年 – 2017年)

株式会社CULEN(2017年  – )

グループ名 「新しい地図」メンバー

中学一年生の時にジャニーズに入所した草彅剛さんは、1988年4月に結成された男性アイドルグループ「SMAP」のメンバーとして、2016年にSMAPが解散されるまで、国民的アイドルとして、一世を風靡しました。

朝ドラ「ブギウギ」について

朝ドラ「ブギウギ」についてはこちらをお読みください⇓

蒼井優特技ダンスで「朝ドラ・ブギウギ」歌劇団トップスター役!歌唱力は?

草彅剛が演じるのは服部良一がモデルの役

草彅剛さんが朝ドラ「ブギウギ」で務めるのは作曲家の羽鳥善一役です。

その羽鳥善一という役のモデルになったのが、あの昭和の時代に一世を風靡した作曲家、故服部良一さんです。

服部良一さんのプロフィール

1907年10月1日 – 1993年1月30日(85歳没)

出生地 大阪府大阪市天王寺区玉造

出身地 大阪府大阪市中央区

職業 作曲家

ジャンル 歌謡曲、J-POP

活動期間 1936年 – 1993年

服部良一さんは多才で、最初脳c胃はオーボエを吹いていましたが、楽器が悪くていい音が出せなかったため、サックスとフルートに転向したのだそうです。

草彅剛さんが演じる作曲家の羽鳥善一は、趣里さん演じる鈴子の音楽の師匠となる人です。

大阪生まれの作曲家で、モデルになっているのは、昭和の時代に、一世を風靡した作曲家の服部良一さんです。

「東京ブギウギ」「青い山脈」「別れのブルース」などたくさんの名曲を生み出しました。

草彅さんは、この役を演じるにあたって

皆さんに楽しんでいただける作品になるよう、服部さんの楽曲を聴き、収録に臨みたいと思います。僕自身も昭和の時代を駆け抜けます!

引用元: atarashiichizu.com

とコメントしています。

草彅さんは、ギターが弾けるので、作曲家という役柄にも合っていますね!

服部家は音楽家&芸術家一家


引用元: yomiuri.co.jp / 服部良一さんの次男、服部吉次さん

服部良一さんには、2人の著名な息子がいます。

1936年生まれの長男、 克久さんは、作曲家である父の後をついで、パリ国立高等音楽院で作曲を学び、日本に帰ってきて作曲家、編曲家として活躍していました。

そして、その服部克久さんの長男、服部隆之さん、つまり、良一さんの孫も、同じくパリに留学して作曲家になっておられます。

その良一さんの孫にあたる、服部隆之さんの一人娘、服部百音さんも若くして国際コンクールに有し雨した経歴のある世界的バイオリニストです。

克久さんは、2020年に83歳でお亡くなりになるまで、創作活動を続けておられたのだそうです。

次男の服部吉次さんは、劇団黒テントを立ち上げたメンバーの1人でした。

舞台俳優として活動する傍ら、作曲やバンドのピアノ演奏も受け持っていました。やはり、演技もできるし、音楽もできる、多才な人なのですね!

服部良一の次男は70年前にジャニー氏からの性被害に

服部良一さんは、奇しくもジャニー喜多川氏と非常に近い関係にあったのでした。

そして、その故服部良一さんの次男、服部吉次が、この7月に、ジャニー喜多川氏からの性加害を電撃告白したのでした。

今回、78歳にして、重い口を割った服部吉次さんは、なんと、まだ小学2年生だった時に、ジャニー喜多川氏から性加害を受けていたのです。

その悍ましい事実を、父である服部良一さんは知っていたのか、知らなかったのかはわかりません。(まあ、多分知らなかったと推測します…)

でも、ジャニーズというしがらみから、2017年に解放されて、ジャニーズに潰されそうになりながらも、耐えて活動を続けてきた草彅剛さんが、ジャニー喜多川氏の性加害被害者の父親がモデルとなっている役を演じるという事実は、

「なんの因縁で…」

と思いたくなるほど、あまりにも因縁深いですよね。


引用元: instagram.com

おわりに

ジャニー氏の性加害は、100人以上に及ぶと言われています。

彼は、完全に性的な病気にかかっていたのでしょうが、70年もの間、誰も、彼を説得して、医者に連れていって、治療させ流ことができなかったことが悔やまれます。

彼の犯罪は、もし、彼が生きていたとしたら、欧米では、確実に終身刑もしくは、一生隔離されての病院暮らしだったでしょう。

スポンサーリンク