トレンドニュースをグローバルな視点からちょっと深掘りします

吉田羊が部下役の永瀬廉を叩いた本当の理由はジャニーズへの小リベンジ?

こんにちは、karasuです。TBS系連続ドラマ「ラストマン-全盲の捜査官-」(日曜21:00)で、捜査一課主任役の吉田羊さんが、警部役の永瀬廉さんの体を力一杯叩いて一喝するシーンがありました。

長らくジャニーズとの共演NGが噂されていた吉田羊さんの、久々のジャニーズアイドルとの共演でのこの出来事に、これはジャニーズへの賞リベンジでは、と囁かれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉田羊さんについて

プロフィール

本名
吉田羊右子

生年月日
1974年2月3日

学歴
福岡県久留米信愛女学院高校卒業
桜美林大学卒業(学部不明)

出身地
福岡県久留米市

身長 163 cm

職業 女優

ジャンル
舞台、テレビドラマ、映画

活動期間 1997年 –

事務所 ORANKU

吉田羊さんは、長い下積み時代を経て、昨年芸歴25周年を迎えた、個性派女優で、演技力には、定評があります。
NHK大河ドラマにも何度も出演していて、2014年のフジテレビ系連続ドラマ「HERO」で、女性検事の馬場礼子役を好演して、一躍有名になりました。
様々な賞も受賞しています。
2016年 第39回日本アカデミー賞優秀助演女優賞
映画『ビリギャル』
2021年第56回紀伊国屋演劇賞個人賞
舞台『ジュリアス・シーザー』
吉田羊さんの年齢非公表についてはこちらをどうぞ⇓

ドラマ「ラストマン-全盲の捜査官-」


引用元: twitter.com / 佐久良班の刑事4人

4月から放送されているTBS系日曜劇場「ラストマン-全盲の捜査官-」(日曜21:00)は、全盲のFBI特別捜査官役の福山雅治さんと警視庁刑事の大泉洋さんの名コンビぶりが話題を呼んでいて高視聴率をキープしています。

このドラマには、他にも捜査一課佐久良班主任役を吉田羊さん、その部下役をKing & Princeの永瀬廉さん、今田美桜さんと言った豪華な顔ぶれが演じています。

また、福山雅治さんの滞在している豪華ホテルのバトラー役に王林さんも抜擢され、王林さんはこのドラマで女優初挑戦です。

王林さんについてはこちらをどうぞ⇓

王林はSPかも!【津軽弁のバトラー】は伏線?【ドラマ・ラストマン】

他にも、第1話で宮沢氷魚さん、第2話でお笑い芸人のアキラ100%さん、第3話でお笑いトリオ・3時のヒロインの福田麻貴さんなど、犯人役も豪華なメンバーが勢揃いです。

ジャニーズとの共演NG

さて、吉田羊さんはさかのぼること7年、2016年4月にジャニーズの「Hey! Say! JUMP」のメンバー・中島裕翔さんとの熱愛がスクープされて、ジャニーズ事務所の逆鱗に触れたことがありました。

当時中島裕翔さんは22歳で、吉田羊さんは42歳。

中島裕翔さんが、吉田羊さんの自宅の合鍵を持ち、7連泊しているところまで「週刊ポスト」にスクープされてしまいましたが、両方の事務所が、二人の関係をかたくなに否定しました。

「日刊ゲンダイ」によると、舞台裏では、当時、吉田羊さんと彼女のマネジャーが故・メリー喜多川副社長に呼び出されて、中島との関係を断ち切る誓約書に署名させられたのだそうです。

そして、そのスクープを境に、吉田羊さんのテレビドラマや、テレビCMの仕事は激減し、ジャニーズ・タレントとの共演もなくなりました。

もちろん、テレビドラマや、テレビCMの仕事が激減したのは、ジャニーズへの忖度とは関係ないかもしれません。

でも、ジャニーズとの共演がぱたっと無くなったのは、吉田羊さんがジャニーズから、事実上の共演NGを出されてしまい、各テレビ局がジャニーズ事務所への忖度から、吉田羊さんの起用を控えたからと、考えられています。

地道な7年間

というわけで、テレビへの露出が、激減した吉田羊さんでしたが、もともと長い下積み時代を経ている実力派女優さんなので、また初心に返って、舞台や映画の仕事に専念するようになっていったようです。

2018年には、吉田羊さんにとって転機が訪れます。

吉田羊さんは、12月31日をもって、それまで11年間もの長い間、2人3脚でやってきた個人事務所「ORANKU」の社長兼マネージャーから独立しました。

もちろん、吉田羊さんは、Y社長兼マネージャーさんに、とても感謝していますが、二人で話し合って、それぞれ別の道を歩むことに決めたのだそうです。

二人三脚でやってきただけに、お互い、自分の言い分を聞いてもらえないはがゆさが募っていき「もうこのままではよくないね」という結論に達したのだそうです。

そんな折に、

「吉田羊、休業・ロンドン留学」

という記事が出ましたが、それは、全くのデマでした。

「日刊ゲンダイ」によると、そのデマを流したのは大手事務所で、精神的に追い込んで、あわよくば自分の事務所に引き入れようとの画策からではないか、ということですが、真相はわかっていません。

でも、マイペースな吉田羊さんは、どっちみち、事務所から独立して、頑張って新しい道を歩んでみようと思っていたわけですね。

ジャニーズへの小リベンジ?

というわけで、そんな、マイペースの、地道な活動が身を結び、今回の「ラストマン」への起用になったわけです。

なぜ、ジャニーズへの小リベンジかと言いますと、ジャニーズから共演NGを出されていた吉田羊さんは、今回のKing & Prince・永瀬廉さんとの共演が、7年越しの、真の意味での、テレビ界への「完全復活」なのです。

そこで、ちょうどいい具合に、ジャニーズの看板アイドルといえるKing & Princeの永瀬廉さんを、演技上とはいえ、思いっきり叩いて

「かっこつけてんじゃないよ!」

と叱りつけることができて、さぞかし、スッキリしたのではないかと思います。

これは、ある意味、吉田羊さんの中では、7年間のうっぷんを爆発させることのできた、小リベンジなのでした。

でも、たぶん、そう思っているのは、周りだけで、マイペースに、地に足をつけて生きている吉田羊さんは、そんなこと、全然頭にないかもしれません。

とにかく、ジャニーズ事務所の力が弱くなってきていることは、こんなところにも現れていました。

こちらもどうぞ⇓

ジャニーズとカトリック教会の似すぎる性加害の深い闇!消えないトラウマ!

おわりに

karasuも、妹に「おもしろいよ」と勧められ、「ラストマン-全盲の捜査官-」を見始めてから、このドラマにハマっています。

あと数回で終わってしまうのかと思うと残念です。せっかくこんなに豪華キャストで、高視聴率もキープしているので、ぜひ、続編にも期待したいです!

スポンサーリンク