トレンドニュースをグローバルな視点からちょっと深掘りします

渡辺直美がまだまだ危ない!20kg減量しても膝・腰・体が悲鳴

渡辺直美がまだまだ危ない!20kg減量しても膝・腰・体が悲鳴

こんにちは。渡辺直美さんが20kg減量して話題になっています。ずいぶんスリムになって、体が引き締まった感じがしますが、膝や腰の故障のリスクや、健康リスクがいまだに高いのはなぜかを、お伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

渡辺直美さんについて

渡辺直美さんとダイエット&体重遍歴についてはこちらをどうぞ⇓

渡辺直美【’23最新版ダイエット&体重遍歴】20kg減量の理由

渡辺直美さんが本当に痩せた!

渡辺直美がまだまだ危ない!20kg減量しても膝・腰・体が悲鳴

渡辺直美さんは、デビューしてから、数々の番組で、様々なダイエットにトライしています。そして、ほとんどのダイエットで結果を残しています。

ですが、そのダイエットの合間に、また太り、リバウンドを続けながら、次第に体重は増え、一番重かった時は、110kg までいってしまったこともあったのだそうです。

ところが、今回は、2022年9月から公開されたミュージカル「ヘアスプレー」公演中の、名付けて「ヘアスプレーダイエット」で、一度に20kg減らすことに成功しました。

そして、多分、その体重をキープすることができているようです。

例えば、2021年には横顔がこんな感じでしたが、


引用元: instagram.com

2023年4月19日のニューヨークの自宅からのインスタグラムの投稿では


引用元: instagram.com

こんな感じです。

横を向いていないので分かりにくいかもしれませんが、その1ヶ月前の2023年3月19日の投稿をご覧ください。


引用元: instagram.com

2021年の画像と隣同士で比較するとわかると思いますが、2021年の時の二重顎のぽっちゃり感がなくなって、顎のシェイプが、全く別人みたいですよね。

上の写真は、2023年3月15日にマイアミで行われた、ボス(BOSS)は2023年春夏のコレクションの発表で、BOSSのグローバルキャンペーンの一環として、アンバサダーである渡辺直美さんが初のランウェイの時のものです。

全身が写った画像もあります。


引用元: instagram.com

20kg減量しても減らない膝や腰の故障リスク

渡辺直美がまだまだ危ない!20kg減量しても膝・腰・体が悲鳴
引用元: yahoo.co.jp / 100kg以上あった頃

渡辺直美さんは、2022年9月から主演を演じていたミュージカル「ヘアスプレー」の公演開始前の体重を後悔していませんので、正確なところは分かりませんが、吉本興業のホームページでは、渡辺直美さんの体重は107kgとなっていますので、痩せても、まだ、87kgくらいと言うことになります。

確かに、ランウェイを歩いている渡辺直美さんを見て

「前から比べたらほっそりしているかも」

とは思いますが

「すっごくほっそり。きれいになった」

とは、まだ思えず、太っていることには変わりありません。

あるから、体が体重に耐えられない

渡辺直美さんの身長から逆算すると、標準体重は54キロとなります。これを元に肥満率を出すと、渡辺直美さんは、軽く80%以上になってしまいます。肥満率が50%を超えた人は「重肥満」と認定されます。、重すぎです。

それプラス年とともに、体は、確実に衰え、ガタがきます。例えば米倉涼子さんも、腰痛のせいで、ドクターストップがかかり、昨年ブロードウェイのミュージカルを降板しなければいけませんでした。

でも、米倉涼子さんは、肥満ではありません。肥満の人は、標準体重の人より、何倍も膝や、腰に負担がかかります。

100キロ以上の体を支えるよりは、もちろん、80kg代の体を支える方が、少しは負担が軽減されますが、それでも「まだ重すぎる」と言うのは将来的には問題だらけでしょう。

危険性のある膝や腰の故障

渡辺直美がまだまだ危ない!20kg減量しても膝・腰・体が悲鳴
引用元: livedoor.com / 100kg以上あった頃

膝に荷重がかかりすぎ、軟骨がすり減ると変形性関節症になりやすくて、重くなると、 歩行が困難になってしまうそうです。

同じく半月板に荷重がかかりすぎ、半月板損傷になってしまっても、 やはり歩行が困難になってしまいます。

体重によって腰の椎骨と椎骨の間の軟骨が潰れて、擦り合うことから恐ろしい痛みに見舞われるのが椎間板ヘルニアだそうです。

渡辺直美さんは、キレッキレの腰振りダンスが得意なので、腰回りの筋肉が鍛えられていて、椎間板ヘルニアにはなりにくいといいですが。体重が多いことには変わりないので心配です。

20kg減量しても減らない生活習慣病リスク

渡辺直美がまだまだ危ない!20kg減量しても膝・腰・体が悲鳴
引用元: oricon.com

渡辺直美さんの理想的な体重が54kgということは、110kgに行っていた頃は、その倍あったわけです。

そこから20kkg減ったのは、本当に良かったですが、これで喜んで、またリバウンドして、100kgの大台に乗って欲しくないです。

「女性は、閉経後の50歳以降が特に注意です。それまで、女性ホルモンの働きで抑えられていた血圧や血中コレステロール値が高くなったりする。その結果、糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞などのリスクが急に上がりますから、特に肥満の方は注意が必要です」

引用元: livedoor.com / 肥満・ダイエット外来のある池袋メトロポリタンクリニックの沼田明院長

渡辺直美さんはまだ30代ですが、健康な50代、60代を過ごして欲しいので、今のうちに、せめて70kgくらいまでは痩せておかないと、上記の病気のリスクが高くなってしまいます。

こちらもどうぞ⇓

渡辺直美「LAの日本人はみんなギャル」インスタライブ1万人大ウケ!

まとめ

そりゃあ、太っていることを自分のブランドとして自分を売り込んできた、渡辺直美さんには、普通の体型に戻るのが、もしかして「あまり売れなくなる」ことにつながるかもしれないという、恐れがあるのかもしれません。

でも、このまま体に負担をかけ続けて、近い将来に、歩けなくなってしまったり、重い成人病にかかってしまったら、もう芸能活動もできなくなってしまうので、ほんとに、せめて、70kgくらいには、痩せてほしいです。70kgだって、はっきり言って、結構太っているので大丈夫!

 

 

スポンサーリンク