トレンドニュースをグローバルな視点からちょっと深掘りします

田村淳は勇気あるvsメディア擁護?ジャニーズ性加害に芸能人で唯一言及!

田村淳は勇気あるvsメディア擁護?ジャニーズ性加害に芸能人で唯一言及!

こんにちは。笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さんが4月13日に、ジャニー喜多川さんの性加害の件について発言し、賛否の声が上がっています。

田村淳さんは、2023年4月16日現在、この件に関して言及した唯一の芸能人ですが、果たして田村淳さんの発言は、「勇気ある行動」なのでしょうか、それとも「メディア擁護」なのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

田村淳さんについて


引用元: yahoo.co.jp

笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さんは、最近では、MCやコメンテーターとしても活躍しています。

プロフィール

生年月日
1973年12月4日

出身地
山口県下関市彦島

身長 167 cm

最終学歴
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(修士)

コンビ名
ロンドンブーツ1号2号

相方 田村亮

家族
妻 香那(元ファッションモデル)2013 –
子供 女の子が2人

芸風 コントなど

事務所 吉本興業

活動時期 1993年 –

代表的なレギュラー番組には、

フジテレビ系『ワイドナショー』
テレビ朝日系『ロンドンハーツ』
TBS系『日曜日の初耳学』
NHK Eテレ『超多様性トークショー!なれそめ』
テレビ東京系『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』

など多数あり、そのほかに、ラジオ番組

ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB

と、自身のユーチューブチャンネル

田村淳のアーシーch
があります。

ジャニーズ性加害問題について


引用元: yahoo.co.jp

ジャニーズ性加害問題についてはこちらをどうぞ⇓

ジャニーズとカトリック教会の似すぎる性加害の深い闇!消えないトラウマ!

田村淳さんの発言


引用元: yoshimoto.co.jp

お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さんは、4月13日の自身のYouTubeチャンネル「田村淳のアーシーch」でライブ配信を行い、その中で、ジャニーズ事務所の前社長・ジャニー喜多川さん(2019年死去)の性加害を訴えた件について、自身の意見を発言しました。

田村淳さんの「田村淳のアーシーch」でライブ配信からの抜粋は次のとおりです。

まず、岡本カウアンさんが記者会見で明かしたジャニー喜多川さんの性加害については、これまで噂で耳にしたことがあるらしく、

それって本当だったんだという感じ

と言っていて、世間の興味がメディアが報じるか、報じないかってところに集中していることについては、

報じるべきだと思いますけど、メディアがなぜ報じないかというのは、考えたら分かるじゃないですか。そんなところを責めたってしょうがないし、報じなきゃいけないってこともないと思う。僕は報じてほしいと思いますけどね、あれだけの会見をしたのであれば。

そして続けて

メディアが触れないからって怒るのは、ちょっと論点がズレている。怒らなきゃいけない先はメディアじゃないと思う。地上波が放送しないのは何かしらの理由があるのだろう。放送しろ!と怒るなら、問題の本質に怒らなければいけないと感じています。

とも語っています。

要約すると、田村淳さんが言いたかったことは、

前から噂は聞いてたけど、本当だったんだなーって思った。

メディアは報道した方がいい

メディアが報道しないことに対して怒るのは論点がズレてる

という3点だと思います。

というわけで

「芸能人が発言するのは大事なことで勇気ある!」

と称賛する声と、

「論点はずれてない!今まで報道しなかったメディアは批判されるべき!」

と非難する声とに真っ二つに分かれ、炎上しました。

勇気ある発言?


引用元: yomiuri.co.jp

2023年4月16日現在で、芸能人で、この件について発言した人は、田村淳さんだけです。

たった一人だけ!

ひろゆきさんは、田村淳さんが発言するより前に、持論を述べて、メディア批判をしていますが、ひろゆきさんは、最近テレビへの露出が多いとは言え、基本的には実業家であり、芸能人ではありません。

また、田村淳さんは、数々のテレビ番組でレギュラーを務めていて、ジャニーズ所属のアイドルとの共演も多い人です。

というわけで、芸能界ではとても微妙な立ち位置にいるわけで、下手なことを言うと、共演者を敵に回してしまうようなことにもなりかねないのです。

ですから、

吉本に相談すると「しない方がいいんじゃない」っていわれるのも嫌なんで、相談もなしに僕はしゃべりますね

と自分でも言ってい流とおり、自分の所属事務所である吉本興業には、許可を得ないで発言したそうです。

そう言う意味では、「勇気」ある、腹の座った発言だと思います。

ちょっと前の、「コーンロウ」事件では、お笑い芸人の千原せいじさんや、著名人の二人、作家の乙武洋匡や脳科学者の茂木健一郎さんが、当時の学校側の対応に痛烈な批判をしています。

コーンロウ事件についてはこちらをどうぞ⇓

コーンロウ!檀廬影の切実な訴えと千原せいじ、茂木、乙武らの炎上発言

また、元サッカー日本代表の本田圭佑さんは、普段から、何かと政治や社会問題を批判するコメントをして、定期的に炎上させています。

本田圭佑ついてはこちらをどうぞ⇓

本田圭佑はなぜ炎上ツイートを続ける?”痛いヤツ”の暴論15選【前編】

上記の、有名人がコメントした様々な政治、社会問題に比べて、このジャニーズ性加害問題が劣るとか、取るに足らない小さい問題とは、とても考えにくいです。

それでも、この問題に発言した芸能人は、今のところ田村淳さんだけなのです。

と言う意味では、「勇気ある」一歩であったことは間違い無いでしょう。

メディア擁護?


引用元: fujitv.co.jp

また、

メディアが報道しないことに対して怒るのは論点がズレてる

という田村淳さんの発言を「メディア擁護」と捉えられて、

「論点はずれてない!」

「今まで報道しなかったメディアは批判されるべき!」

と非難されました。

その点に関しては、田村淳さんは

「非難されるのを承知で、普段一緒に仕事をしているテレビ関係者をちょっと守ってあげたい」

って思ったのかもしれません。

どちらにせよ、田村淳さんは

報じるべきだとは思います

と何度も強調していて、報道しなくていいと思うとは言っていません。

まとめ

20年前に週刊文春が、このジャニーズ性加害問題を暴露した時は、法改正の前で、起訴するための法的基盤が整っていませんでしたが、2017年の法改正で、日本でも「男性の少年への性加害」が罰則化されるようになったため、今後、刑事事件としてどう扱われるかが焦点になってくるのでは無いでしょうか。

と考えると、今まで報道してこなかったメディアだけを責め立てるのも、田村淳さんが言うように、本当に論点がズレているのかもしれません。

スポンサーリンク