トレンドニュースをグローバルな視点からちょっと深掘りします

今田美桜がえなこにコスプレで対決【トリリオンゲーム・黒龍キリカ編】

今田美桜がえなこにコスプレで対決【トリリオンゲーム・黒龍キリカ編】

こんにちは、karasuです。

TBS系金曜ドラマ「トリリオンゲーム」(午後22時)にて、才色兼備で傲岸不遜な社長令嬢、黒龍キリカ(桐姫)を好演している今田美桜さん。

その黒龍キリカ役の今田美桜さんが、第一話だけでも、5回も、毎回違うゴージャスでド派手なセレブ・コーデで登場して、視聴者を楽しませてくれました。

実は、ちょうど一年ほど前にその同じ「桐姫」のコスプレを日本一のコスプレイヤーえなこさんも披露していたので、そのコスプレ対決を検証してみます。

スポンサーリンク

今田美桜さんについて

今田美桜さんのプロフィールはこちらをどうぞ⇓

今田美桜が3種類の技に挑戦!マイけん玉で検定に向けて絶賛練習中!

トリリオンゲーム・黒龍キリカについて

ドラマ「トリリオンゲーム」についてはこちらをどうぞ⇓

今田美桜太った理由はドラマ【トリリオンゲーム】の役作り?【顔画像比較】

えなこさんについて

プロフィール

本名 非公開

生年月日
1994年1月22日

出身地
愛知県名古屋市

身長 154 cm

活動期間 2008年 –

職業
コスプレイヤー
グラビアアイドル
タレント、歌手、声優
「パナシェ」元メンバー(女性アイドルグループ)

事務所 PPエンタープライズ

コスプレは、中学2年生の時にコスプレイヤーの友人に誘われて始めたのだそうです。

2015年には、えなこさんがモデルを務めた写真が、「スタジオ合同感謝祭ミミスタ賞」に選ばれたり

2016年位には、「LINE BLOG OF THE YEAR  新人賞」を受賞したり

2019年には、集英社の「グラジャパ!アワード」SNS部門賞を受賞しています。

活動は多方面にわたっていて、最近はバラエティー番組でもよく見かけますね!

2020年には、なんと内閣府から「クールジャパン」のアンバサダーに任命されました。

えなこさんのコスプレ・黒龍キリカ


引用元: ippondemoninjin.livedoor.blog

えなこさんは、今となっては誰もが認める「日本一のコスプレイヤー」です。

日本一の理由をえなこさんの所属事務所のマネージャー兼社長さんは、こう語っています。

まず顔がめちゃくちゃ可愛い

全てがフィギュアのよう

顔立ち・骨格からして二次元にとっても近い

いろいろなキャラをやっても合う「ヒロイン顔」

胸も小さすぎも大きすぎもしない、ちょうど良い

へその位置がとにかく人より高い。だからウエストのくびれがすごい出る。

お尻も小柄なのにかなり肉付きがいい。

漫画体型なんですよ
  引用元: mdpr.jp

めっちゃ細かいですよね!
でも「全てその通り」って感じがします。

というわけで、その日本一のコスプレイヤー「えなこ」さんが、2022年6月に「ビッグコミックスペリオール」の超人気作「トリリオンゲーム」とコラボして、黒龍キリカ(桐姫)のコスプレを披露したのが、上の画像です。

ちなみに、えなこさんは、この時、漫画「トリリオンゲーム」の、他の登場人物のコスプレもやってのけています。

ここでは、黒龍キリカ(桐姫)のコスプレだけを取り上げますが、漫画の服装とそっくりなドレスで、髪型やアクセサリーまで、寄せていて、再現度はMAXでした。

もう1パターンの「桐姫」も、髪の色、縄状のネックレスや、大粒のイヤリングに至るまで、びっくりするほど「そっくり」です。


引用元: shogakukan-comic.jp


引用元: twitter.com

服装だけではなく、「黒龍キリカ(桐姫)」という登場人物の雰囲気も寄せているので、さすがとしか言えませんね!

今田美桜さんのコスプレ

今田美桜さんは、別にコスプレイヤーとしてコスプレしているわけではありませんが、ドラマ「トリリオンゲーム」内で、毎回違うゴージャスでド派手なセレブ・コーデを、再現していました。

最初の黒龍キリカ(桐姫)としての登場シーンでは、えなこさんのように、漫画に寄せた服にはせず、その漫画のワンピースよりも、もっとインパクトのあるバレンティノの2023年秋の新作ドレスを着用していて、迫力満点でした。

このバレンティノの新作、背中、つまり服の後ろ側が斜めに開いていて、後ろから見てもめっちゃかわいいですよね。

こんな服を、会社のオフィスで着るのは、まずこの社長令嬢黒龍キリカぐらいでしょう!

次は、主人公の目黒蓮が窓の外からバカげた派手なパフォーマンスをやっているのを、ただ睨みつけるシーンでのコーデです。

このElisabetta Franchiのダブルブレス ミニドレスは、他ドレスに比べると安いです。といっても5万円以上します。

その代わり、Gianvito Rossiのパープルのサテンサンダルは、150万円はしますし、ジュエリーはどれも100万円前後する高級品です。

3つ目のシーンは、自宅にあるビリヤードルームです。漫画では、フィットネスルームなのですが、ビリヤードをする今田美桜さんと目黒蓮さんの姿も、上品で決まってて、カッコよかったです。

このチェリー柄の袖なしプリントワンピースは、シンプルですげど、Dolce&Gabbanaの22万円もする代物でした。

そして白いワンポイントが可愛い、ベルトは6万円します。

4つ目のシーンでは虎柄のドレスにサングラスで決めています。

首に目立っているド派手のゴールドのチェーンネックレスは16万円ですが、そのちょっと下に小さく見えているネックレスはもっと高くて120万円以上します。

持っているピンクのバックは30万円。サングラスは8万円。

5つ目のコーデでは、白いミニのワンピースに、白い肩パット入りのジャケットを羽織るという、かなりゴージャスな衣装に、黒のハイヒールを合わせてきています。

これだけで楽々100万円超えています。

でも、ジュエリーは、どれも一つ100万円以上のものばかりで、左手中指のリングはBOUCHERONのアクアマリン・ダイヤモンドリングで500万円以上します。

というわけで、karasuは、そんな高いドレスやジュエリーは、怖くて買えないので、せめて、今田美桜さんが身につけているのを見て楽しんで、目の保養にしています。

あと、

「さすが女優、表情が漫画とそっくり」

と思えた箇所もありました。

 
引用元: shogakukan-comic.jp / tver.jp

このシーンは、目黒蓮扮するガクが大掛かりなトリックを使ってハッカーのコンテストの一位になったのを見て、黒龍キリカ(桐姫)が、

「私彼らのこと、もっと欲しくなっちゃった!」

と目を輝かせて言うシーンなのですが、今田美桜さんが、漫画の世界から飛び出してきたみたいですよね!

これは第2話の今田美桜さんですが、漫画の黒龍キリカと、ほぼ同じ表情してます。


引用元: shogakukan-comic.jp / twitter.com

karasu
さすが、今田美桜さん!
devy
雰囲気めっちゃ
寄せてきてるー!

どっちの完成度が上?

えなこさんがすごいのは、衣装や、装備品、カメラマン代などを自費で支払っていることです。

そして、手先が器用なので、コスプレ衣装の手作りからウィッグのカットまで、全部自分でできてしまうのだそうです。

完璧な再現力には本当に毎回感心させられます。

一方、今田美桜さんの方は、ドラマなので、スタイリストさんが衣装をコーデして、用意してくれます。

用意された服や、靴や、アクセサリーは、一流ブランド品ばかりです。

そして、このドラマに関して言えば、今田美桜さんの美貌は、絶世の美女という設定の黒龍キリカ(桐姫)にぴったりです。

だから、どちらのコスプレ(今田さんはコスプレじゃないんですけど)も、再現力マックスで、甲乙付けられないです。

こちらもどうぞ⇓

今田美桜のつけ爪&ピンヒールでのピアノ演奏に賛否【トリリオンゲーム】

おわりに

今田美桜さんの演じる黒龍キリカは、大金持ちのわがまま社長令嬢なので、これからのドラマ展開に加えて、今田美桜さんが毎週どんなコスプレをするのか、引き続き目が離せませんね!

次回も楽しみです!

スポンサーリンク