トレンドニュースをグローバルな視点からちょっと深掘りします

橋本愛が病んだ理由3つ【アナウンサーたちの戦争】森田剛の熱量に涙

橋本愛が病んだ理由3つ【アナウンサーたちの戦争】森田剛の熱量に涙

こんにちは、karasuです。

女優の橋本愛さんが、8月14日に放送されるNHKスペシャル ドラマ「アナウンサーたちの戦争」の放送前取材会で「演じている間に、だいぶ(精神的に)やられてしまって」と涙するシーンがあり、話題になっています。

そこまで病んでしまう役ってどんな役なのでしょうか。その辺をちょっと深掘りしてみます。

スポンサーリンク

橋本愛さんとNHKスペシャル「アナウンサーたちの戦争」について


引用元: Instagram.com

橋本愛さんとNHKスペシャル「アナウンサーたちの戦争」についてはこちらをどうぞ⇓

橋本愛演じる和田実枝子は超セレブ!森田剛主演【アナウンサーたちの戦争】

ドラマ撮影で精神的に病んだ理由3つ

当時の働く女性としての難しさ


引用元: nhk.or.jp

なんと、橋本愛さんが演じた和田実枝子さんは、1939年にアナウンサーとして日本放送協会に就職した初の女性でした。

「女性の法的地位―戦後の民法改正とGHQ―」という梅木夏子さんと草野篤子さんによる著書では
明治時代の日本女性は法的無能力者として位置付けられていた
引用元: jstage.jst.go.jp
と記されていました。
女性が「法的無能力者」と言われていたなんて、今では考えられませんねー!
第2時世界大戦が1945年に終わって、日本が負けて、アメリカに占領されます。
その流れで、アメリカのGHQ(連合国最高司令官総司令部)が占領政策を日本に持ち込んだため「家」制度は法律上廃止されました。
だからと言って、もちろん、そう簡単にさっさと民主化が進むわけはなかったですね。
でも、和田実枝子さんが日本放送協会に就職した1939年は、まだ、日本が第二次世界大戦に参戦する2年前で、まさに
女性が「法的無能力者」と言われていた時代
の真っ只中でした。
そんな時代に、初めての女性アナウンサーとして、入局した和田実枝子さん。その頃の職場では、女性の力は全く無いに等しかったわけですね。

そんな女性の立場が弱い時代に、さまざまな辛い思いを抱えながら生きなければならなかった当時の和田実枝子さん。

強い女性でありながら、言いたいことがあっても口をつぐまなければならなかった和田実枝子さんの役を演じるには、いろんな苦悩を自分ごととして受け入れなければなりません。

そうやって、がんばっても、結局、男性的な、勇ましいトーンの放送を求められ、情報局からも圧力をかけられて、がまんしても活躍の場を奪われてしまう。

役に憑依すれば憑依するほど、和田実枝子さんの当時の葛藤に橋本愛さん自身も(精神的に)やられてしまったのですね。

戦中の戦意高揚を図るための偽情報の発信


引用元: nhk.or.jp

戦前の日本放送協会には取材を専門とする記者職がなかったのだそうです。

中央から提供されるニュース原稿を、アナウンサーが書き直して読んでいたのだそうです。

和田実枝子さんが日本放送協会に入局した頃は、昭和の初期は明治憲法の下で「表現の自由」はとても制限を受けていました。

でも、第2次世界大戦が勃発してからは、報道への取り締まりがもっと強化されて、放送協会は日本の国家の宣伝のための機関になります。

その、国家の宣伝のための機関で、第2次世界大戦中に、ラジオで間違った情報を発信して敵を混乱させたり、戦意を高揚させるような放送を担ったのが、放送局のアナウンサーたちでした。

橋本愛さんは、NHKのインタビューに答えてこう語っています。

「ラジオという夢の機械だと思っていたものが、悪魔の拡声器になってしまった」という実枝子さんのセリフが心に深く響きました。

私自身、言葉を発信する側としての恐さを知ると同時に、言葉を受け取る側としても、真実とうそを見極める力を養わなければと強く感じました。引用元: nhk.or.jp

ただ原稿を読むだけの仕事ではなく、ラジオ放送のアナウンサーという夢の職業が、「悪魔の拡声機」に早変わりしてしまった事実は、当時の和田実枝子さんにとって恐ろしい、消化しきれない経験であり、役になりきって演じた橋本愛さんにとっても、やるせない事実だったのでしょう。

森田剛の苦悩する演技がリアルで凄すぎ


引用元: nhk.or.jp

和田信賢アナウンサーは、なんと開戦ニュースと玉音放送の両方に関わっていました。

最初のうちは雄々しい口調で国民を熱狂させるような、放送をしていた和田信賢アナウンサー。

ですが、だんだんと戦争の現実を知っていき、自分の放送する声で、たくさんの若者を戦地に向かわせているという事実に、葛藤を抱くようになっていきました。

戦局が不利になってきた大日本帝国は、不都合な情報を隠して、小さな成果だけを誇張して発表させるようになりました。

和田信賢アナウンサーは日増しに「大本営の発表」が信じられなくなります。

そんな中、学徒の出陣を勇ましく送り出す実況放送を担当しなければならず、思い悩む和田信賢アナウンサーを、森田剛さんは、共演者が圧倒される熱量で演じていたそうです。

妻の実枝子を演じる橋本愛さんは、その和田信賢アナウンサーを「叱咤して目覚めさせる」役回りですので、ある意味、その森田剛さんの熱量を上回る熱量で体当たりしなければならなかったわけです。

ですから、普段の演技とは全く違う、自分を投げ捨てた憑依系の演技で立ち向かったのでしょうねー。

インタビューで涙ぐみながらこう語っています。

私は、この作品で(実枝子を)演じている間に、
だいぶ(精神的に)やられてしまって、
癒されない傷があって、
森田さん自身が本気でぶつかって、
和田信賢さんという実在した一人の人を演じている熱量を感じて
「今受けている傷は間違いじゃない」と
「逃げてはいけないなと思いながら演じていました」
引用元: nhk.or.jp

karasu
すばらしい

まとめ

第2次世界大戦中のドイツでも、ヒトラーやゲッベルスのプロパガンダを実践するための、重要な役割を担っていたのが、アナウンサーのハンス・フリッチェでした。

この人は、ナチスドイツのヒトラー&ゲッベルスの元、新聞局長、ラジオ放送局長をとして、さまざまなプロパガンダを担っていました。

言うなれば、第二次世界大戦中、ヒトラー、ゲッベルスに並んで、ナチス時代の、ラジオから流れてくる3つの有名な声の一つでした。

この人は、戦後、ニュルンベルク裁判では無罪になりましたが、1947年の西ドイツの非ナチ化裁判では、「反ユダヤ主義煽動」と「戦争後半の戦局に関する虚偽放送」の罪に問われて、労働奉仕9年の判決を受けています。(引用元: wikipedia.org)

つまり、和田信賢さん等、このドラマに出てくるアナウンサーたちは、もし、国がドイツであったら、有罪判決を受けていたわけです。

この重いテーマが、アナウンサーの立場からリアルに表現されていて、ずっしり重みのあるドラマでしたね!

スポンサーリンク