トレンドニュースをグローバルな視点からちょっと深掘りします

ファーストサマーウイカ!トイレ我慢4時間超特殊メイク【禁じられた遊び】

ファーストサマーウイカ!トイレ我慢4時間超特殊メイク【禁じられた遊び】

こんにちは、karasuです。

橋本環奈さんと重岡大毅さん(ジャニーズWEST)のダブル主演ホラー映画『禁じられた遊び』の、怨霊モンスター・美雪役を、タレントで俳優のファーストサマーウイカさんが演じることが発表されました。

その蘇り怨霊モンスター・美雪の特殊メイクには、毎回4時間以上かかっていて、トイレに行くのも我慢して耐え抜いたのだそうです。

スポンサーリンク

ファーストサマーウイカさんについて


引用元: instagram.com

ファーストサマーウイカさんのプロフィールはこちらをどうぞ⇓

ファーストサマーウイカは生田斗真の共演したい女優No1!その理由は?

ホラー映画「禁じられた遊び」


引用元: instagram.com

「禁じられた遊び」は、9月8日に公開される、中田秀夫監督、橋本環奈さんと重岡大毅さん(ジャニーズWEST)がダブル主演のホラー映画です。

上の「禁じられた遊び」のポスターの橋本環奈さんと重岡大毅さんの間から、ちょっと覗き見している黒い怨霊モンスターが、ファーストサマーウイカさんです。

ここまでちゃんとモンスターのメイクをすると、もうウイカさんだとは全くわかりませんね!

重岡大毅さんが演じるのは、優しいけど、頼りない父親、伊原直人という主人公です。妻が亡くなり、同じ職場で働く、映像ディレクターの倉沢比呂子(橋本環奈)との恋が始まります。

一方、優しかった母親を失い寂しそうにしている息子の春翔に

「生き返って欲しかったら、『エロイムエッサイム』という呪文を唱えるといい」

と、信じてもいない、いい加減なことを言います。

でも、息子は、庭の土に向かって、一心不乱に「エロイムエッサイム」と、その呪文を唱えます。

そして、その呪文で土は動き出して、庭の土の中から蘇ったのは、

「絶対に許さない…」

と嫉妬をむき出しにした、怨念モンスター、美雪でした。

死んだはずの妻の怨念モンスターが、どこまでも追いかけてきて、襲いかかってくる恐怖に悲鳴をあげ、震え上がる伊原直人と倉沢比呂子の2人。

そしてその怨念が拡散して、周りの人まで次々とおかしくなっていく…

という、暑い夏にふさわしい、恐怖体験を味わえる映画です。

ファーストサマーウイカ・蘇り怨霊モンスター


引用元: instagram.com

そして、その恐ろしい、怨念モンスター役に、ファーストサマーウイカさんが、抜擢されました。

その映画の話が来たときは

なんで私なんだろう?

とびっくりしたのだそうです。でも、

新しい挑戦ができるな

っていうことにすごく喜びを感じて、

「やりたいです。やらせてください」

と、即答だったそうです。

プレッシャーよりも、早くやってみたいという気持ちが強かった

と、コメントしてます。

今までの「七変化」

ファーストサマーウイカさんは、本当に「変幻自在」な役者さんです。

他の、キラキラした「美人」女優さんたちが、絶対にしないような七変化を、過去にもいろいろやって、楽しんでいます。

凪のお暇

例えば、2019年に放送されたテレビドラマ「凪のお暇」では、毎週違う役で登場していました。

10話全てに、毎週違う役、違う人物で登場した、ファーストサマーウイカさん!

そんなことやりたいと思うのも、やり切ってしまうのも、この人くらいしかいないかもしれませんね!

第1話では、ヤオアニの店員・ともみ役として、


引用元: tbs.co.jp

第2話では、開運商法の女・真田さん役、


引用元: tbs.co.jp

第3話では、婚活パーティーの司会を務めるフリーアナウンサー・海老原ひろ美役、


引用元: tbs.co.jp

第4話では、クラブのギャル・reina役、


引用元: tbs.co.jp

第5話では、「ドリームランナーズ」のOL・中岡さつき役、


引用元: tbs.co.jp

第6話では、「KONARY」のOL・舞度照子役、


引用元: tbs.co.jp

第8話では、宅配業者・高井希美役


引用元: tbs.co.jp

その他にも、第7話でシゲタデンキの担当者・真多照代役、第9話で慎二の親戚・はるか役、第10話で社員・荻野奈まとい役を演じ分けています。

karasu
全部、ファーストサマーウイカさんだったなんて
ぜんぜん気づいてなかったー

Open the door

ファーストサマーウイカさん主演のドラマ「私のエレガンス」の主題歌「Open the Door」を、ファーストサマーウイカさん自身が歌っている「Official Music Video」が、2022年4月に公開されました。

そのミュージックビデオの中でも、ファーストサマーウイカさんは、スケールのでかい「七変化」を楽しみまくっています。

そのビデオでは、まず、「はにわ」を手にする縄文人からスタート。


引用元: youtube.com

続き、十二単を着た白塗りの姫、


引用元: youtube.com

お坊さん、


引用元: youtube.com

女学生、


引用元: youtube.com

おかみさん、


引用元: youtube.com

キャリアウーマン、


引用元: youtube.com

最後は宇宙飛行士と


引用元: youtube.com

本当に、時代を超えた七変化でした。

白塗り以外は、メイクさんにやってもらったのではなく、全部「セルフメイク」だったとか。

そのクオリティーの高さには定評があります。

七変化の集大成・怨霊モンスター

そして、ファーストサマーウイカさん七変化の集大成とも言えるのが映画「「禁じられた遊び」での「怨霊モンスター」の役です。

映画「「禁じられた遊び」の中田秀夫監督は、なんと、あのホラー映画「リング」を作った人です。

ファーストサマーウイカさんは子供の頃、そのホラー映画「リング」を、怖いのに凄く好きで、何度も観ていたのだそうです。

よく真似してましたから、貞子のあの這い方。

とコメントしています。

devy
ホラー好きは
子供の頃だったんだね

そして、今回オファーをもらった「怨念モンスター美雪」の役は、まさに、映画「リング」でいえば「貞子」の役に匹敵するわけです。

でも、この役では、まず、生前の「やさしい母」時代もあって、なのに、子供と夫を残して、死んでしまった無念、嫉妬、怒りなど、自分が今までに経験したことのない感情を表現しなければないらないのが、難しかったそうです。

そして、もともと存在しないモンスター、現実に出会ったことのないものを表現しないといけないので、「怨念モンスター」の動きを想像して、新しく自分で作り上げないといけなかったわけです。

ファーストサマーウイカさんはこう語っています。

フィジカルの部分でいろいろ
肩とか首とか足の動かし方一つにしても、
正解がないところを探すのは
すごく大変だなと思いました
引用元: eiga.com

トイレに4時間行けない特殊メイク!

「怨念モンスター美雪」の特殊メイクは、本当に大変だったそうです。

エアブラシでも、4人、5人がかりの特殊メイクで、スタッフの皆に囲まれながら、すっぽんぽんでスタンバイして、完成するまでに4時間、5時間ぐらいかかったそうです。

でもう、

その4時間以上の「特殊メイク」をやっている間、

擦れて取れないように、最小限の羽織りだけしか着用できない

何か食べたらお腹が出るので、食べれない

トイレもメイクをやり直さなきゃいけないので出来る限り行っちゃダメ

と、フィジカル的にかなり忍耐力のいる撮影だったそうです。

大変なのは、撮影が終わった後も、今度は、特殊メイクを取るの作業が待っていて。そこにもかなりの時間がかかったのだそうです。

でも、幸い現場は楽しくて、

本当にホラー映画撮ってるのかな?

と思うほどみんなで、仲良く楽しく撮影が進んで行ったそうです。

それでも、本音がポロッと…

もうしなくていいんだったら本当にしたくないぐらいに大変でした
引用元: youtube.com

と、インタビューで打ち明けていました。

重岡大毅さんのコメント。

(特殊メイクに時間がかかって大変なのに)それでいてあの鬼気迫るお芝居をされていたのは、心から凄いなあと尊敬しておりました。
引用元: eiga.com

そして、橋本環奈さんからも

全身に特殊メイクをして、寒い中、
外を裸足で歩いたりしながらも
いつも通りの空気感で皆さんと接していて
本当に素敵な方だなと思いました。
引用元: eiga.com

とコメントがきていて、ファーストサマーウイカさんが、過酷な撮影にも耐えて、元気に楽しく振りまわっていたことが、うかがわれますね!

おわりに

ファーストサマーウイカ!トイレ我慢4時間超特殊メイク【禁じられた遊び】
引用元: instagram.com

監督も、ファーストサマーウイカさんの強烈な、鬼気迫る演技には、大満足で、監督も現場で内心ゾクゾクしていたのだそうです。

この映画の企画プロデュースを担当した平野隆さんは、

企画段階から美雪を日本映画史上“最凶”のキャラクター

にしたかったのだそうです。

そんな折、ファーストサマーウイカさんの「爆裂トーク」を見て、「この人しかいないな」と確信して、オファーに至ったのだそうです。

公開が楽しみですねー!

スポンサーリンク