トレンドニュースをグローバルな視点からちょっと深掘りします

ショパコン入賞者小林愛実さん反田恭平さんとデキ婚!出産はウィーンかパリ?

  • 2023年1月3日
  • 2023年8月9日
  • 音楽
ショパコン入賞者小林愛実さん反田恭平さんとデキ婚!

こんにちは、karasuです。

2021年秋にポーランドで開催されたショパン国際コンクールにて4位入賞を果たして以来、日本ピアノ界の正真正銘の女王の座に君臨した小林愛実さんが、この度、同じくショパコン2位入賞の反田恭平さんとご結婚され、第一子を妊娠されていることを発表されました。

*速報: 8月4日に小林愛実さんは第一子の出産をSNSで報告しました。

この日本クラッシック史上初のビックカップル誕生のニュースは、発表された翌日2023年1月2日のGoogleトレンド一位を獲得するほどのビックニュースとなり、日本クラッシック界に激震が走りました。通常はクラッシック音楽界のニュースはトレンド入りすることはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小林愛実さんについて

プロフィール

生年月日
1995年9月23日
出身地
山口県宇部市
学歴
桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室「仙川教室」特待生
桐朋女子高等学校音楽科全額奨学金特待生
米国カーティス音楽院に留学
事務所 KAJIMOTO
受賞歴
2015年ショパン国際コンクールファイナリスト(唯一の日本人)
2021年ショパン国際コンクール4位入賞

小林愛実&反田恭平 デキ婚
出典元: shinmai.co.Jp

夫反田恭平さんについて

プロフィール

生年月日 1994年9月1日
出身地 北海道札幌市
学歴
桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室「仙川教室」特待生
桐朋女子高等学校音楽科全額奨学金特待生
キャンパス特待生として桐朋学園大学音楽学部に入学
モスクワ音楽院に留学
ピアノ科全額特待生として桐朋学園ソリスト・ディプロマコースに入学
ワルシャワのショパン国立音楽大学に入学
事務所 株式会社NEXUS
受賞歴
2021年ショパン国際コンクール2位入賞
活動 「株式会社NEXUS」代表
ジャパン・ナショナル・オーケストラ設立、同オーケストラの常任指揮者

出会いは?

小林愛実さんは2007年から反田恭平さんと同じ音楽教室に通っていました。

ピアニストの世界は狭いので、お二人はさまざまなコンクールで、既に2007年以前に知り合っています。

ショパンコンクール入賞以来、お二人はテレビやコンサートで共演する機会がとても多くなり、側から見ていてもいい感じでした。

反田さんは、テレビや雑誌のインタビューで事あるごとに「僕たちは毎日同じ音楽教室に通っていた幼なじみで、昔から家族ぐるみの付き合いで」などとコメントを連発して、愛実さん大好きオーラを出していましたが、愛実さんは動画や番組上ではいつもクールな返しをしていました。

実際、同じ音楽教室に愛実さんが通うようになったのは彼女が11才の時なので、個人的には「幼なじみ」というには無理があるようにも感じられますが、それだけ反田さんが愛実さんに親近感を持っておられた証だと思えば理解できます。

ファンには、愛実さんは反田さんのことを友達としか思ってないように見受けられ、お付き合いされていることも明かされていなかったので、反響は大きかったです。

ファンの間では「ビックリ」「やっぱり」「最高にお似合い」などの声が飛び交いました。

小林愛実&反田恭平 デキ婚
出典元: Shinmai.co.Jp

お付き合いはいつから?

反田さんは、ショパンコンクールに勝つという目標を達成するために、留学先をモスクワから、ショパンコンクールの審査員であるピオトル・パレチニ氏の門下に入るためにショパン国立音楽大学に移し、ワルシャワに生活の拠点を置いていました。

小林さんはカーティス音楽院に留学していたものの、コロナでオンラインレッスンになったため、日本の実家に帰っていました。

2021年秋のワルシャワにおけるショパン国際コンクールでお二人は久々に、何週間も同じ場所で時を共に過ごすことになったのです。

といっても、お互いコンテスタントなので、友人でありながらもライバルです。

予選、ファーストラウンド、セカンドラウンド、サードラウンドと勝ち進むうちに、日本人のライバルたちが次々と落選して、緊張感もプレッシャーマックスになります。

ファイナルに残れた日本人ピアニスト小林さんと反田さんのみだったという厳しい現実に、日本中の期待が一気に二人に集中し重くのしかかります。

ですからコンクール中にお付き合いが始まったとは到底考えられません。

ちなみに、karasuもショパンコンクールをワルシャワに聴きに行っていましたが、小林愛実さんにはお母様が付き添ってサポートしておられました。

karasu
karasuがワルシャワの街で横断歩道を渡っていたら、なんと向こうから来たのは、小林愛実さんとお母様で、思わず「感動しました!頑張ってください!」って道の真ん中で大声で話かけちゃって、びっくりされちゃったー!ごめんなさい!

コンクール入賞後

名誉あるショパンコンクールに日本人が2人も入賞できたということ」

「二人は同じ音楽教室に通っていた小さい頃からの友人」

ということで、メディアが一斉に取り上げ、テレビやコンサートでの共演や二人一緒の雑誌インタビュー等がめじろ押しでした。

コンクール後はプレッシャーも無くなり、一緒に入賞できたという達成感や一体感なども加わり、自然にお互いの距離が縮んでいったのでしょう。

なお、お二人がお付き合いしているという事実は、家族やごく少数の友人のみにしか伝えられていなかったらしく、お付き合いがいつ始まったのか、正確なところはわかりません。

反田さんのことですから、近いうちにファンに詳細を明かされるかもしれません。楽しみですね。

ショパコン入賞者小林愛実さん反田恭平さんとデキ婚!
出典元: twitter.com 月刊ショパン

出産はウィーン?パリ?

小林愛実さんは、2022年秋から拠点をパリに移し、レナ・シェレシェフスカヤ先生に支持することが決まっていました。

また反田さんは、現在ウィーン音楽大学に在籍して本格的に指揮を学んでいらっしゃいます。

そのため、出産には愛実さんが反田さんのところに行くか、反田さんが愛実さんのところに行って支えるか、という可能性が出てきます。そうすると「ウィーンかパリ」ということになります。

ですが初産ということで、愛実さんにとってはお母様のサポートが重視されると思いますので、二人で日本に一時帰国して出産する、という選択も十分あるのでは無いでしょうか。

こちらもどうぞ⇓

小林愛実復帰延期!反田恭平との第1子出産報告「申し訳ない気持ち」

おわりに

karasuはワルシャワに行って、2021年に開催されたショパンコンクールをセカンドラウンドから聴くことができました。

個人的には、小林愛実さんのクリスタルのような繊細で透き通った音のショパンが大好きでした。

反田さんの演奏は入賞するための条件を全て満たした、審査員向けのダイナミックなショパンでした。

愛実さんは自分の音楽の世界をしっかり持ったアーティストなので、お子さんを授かられたことによって、これからの演奏に丸みや、暖かさが確実に加わるだろうと想像すると、今後が楽しみでワクワクします。

お二人の末長いお幸せを祈っております。

こちらもどうぞ⇓

反田恭平第1子誕生にノーコメント!小林愛実に子育て丸投げ?

スポンサーリンク