トレンドニュースをグローバルな視点からちょっと深掘りします

日食なつこの【開拓者】が二宮和也の心を打つ理由「2周目なんだよ人生が」

日食なつこの【開拓者】が二宮和也の心を打つ理由「2周目なんだよ人生が」

こんにちは、karasuです。

二宮和也さんが、10月2日、自身のX(旧ツイッター)を更新して、突然、シンガーソングライター・日食なつこさんの「開拓者」という曲が、「俺の人生のテーマソングです」と明かしました。

さてどうして日食なつこさんの「開拓者」は、そんなにも二宮和也さんの心を打つのでしょうか。

その秘密は、日食なつこさん自信の人生に対する哲学にあるようです。

二宮和也さんは日食なつこさんの事をずいぶん前から

「2周目なんだよ、人生が多分… 悟ってるもんなぁ」

と思っているのです。

どういう事でしょうか?
みてみましょう。

スポンサーリンク

「日食なつこさんについて


引用元: stream.jp

プロフィール

出身地 岩手県花巻市

学歴 岩手大学卒業

ジャンル
J-POP ジャズ ファンク ソウル ロック

職業 シンガーソングライター

担当楽器 ボーカル ピアノ

活動期間 2009年 –

YouTubeチャンネル
日食なつこ(活動期間 2016年 -)

主に岩手県を中心に活動。岩手県在住

「開拓者」は二宮和也の人生のテーマソング


引用元: yahoo.co.jp

10月2日、二宮和也さんは、自身のX(旧ツイッター)を更新して、こう綴りました。

自分の生き方、生きていく上で大事にしているものを奇跡的に唄ってくれている唄がある。

俺はその都度その曲を聴きながら前を向く時間を作る。

今も聴きながらこれを書いている。

いつまでもこの曲が似合う人でありたいね。

日食なつこさんの開拓者。

勝手ながら俺の人生のテーマソングです。

引用元: x.com

今日、ちょうどジャニーズ事務所は、ジャニー喜多川元社長の性加害問題をめぐって、2度目の会見を行いました。

自分が所属する芸能事務所の、最大の危機を迎えている今こそ、自分がちゃんと、ゆっくりでいいから、前を向いて進むことを後押ししてくれるような曲に、共感をおぼえるのでしょうね!

曲はYouTubeで聴けます!

たしかに、

「2周目なんだよ、人生が多分… 悟ってるもんなぁ」

と、二宮さんがいうの、分かりますね。

二宮さん、どこからこのアーティストを探してきたのでしょうか!

karasu

めっちゃ感動する!

devy
勇気でるねー

ファンの反応


引用元: x.com

やはり、今日のジャニーズ事務所の会見と二宮さんの置かれている現在の状況を結びつけて考えて、心配しているファンの人が多いですね。

「日食なつこさんの開拓者 ジーンと来ますよね」
「知らなくて今初めて聴いてきました。 とても深くてずっしり思い知らされる歌ですね。 ニノが言うように、この曲が似合う人でありたいと私も思いました。」
「聴いてみました。すごく刺さりますね。前向いて歩いていきましょう。」
「にのさんの心境を少し垣間見れる感じでしたね」
「ニノさん、日食なつこさんの曲聴くんですね!私は岩手県民なんで嬉しいです!!!日食なつこさんは岩手県花巻市出身ですからね。」
「大変な状況のはずなのに、みんなに変わらず近況を知らせてくれるニノ… このポストに様々なメッセージが込められてるよね…しっかりと聴かせて貰うね」
引用元: x.com
devy
そりゃそうでしょ
心配になるよ

二宮和也はずいぶん前から日食なつこのファン


引用元: realsound.jp

二宮さんは、数年前から、日食なつこさんのファンで、今までにも、さまざまなメディアでシンガーソングライター・日食なつこさんの曲を紹介してきました。

とにかく、ココ何年も大きな影響を受けているのだそうです。

そして、2022年6月19日の二宮さんのラジオ番組「BAY STORM」(BAYFM78/日曜22時)で、毎年恒例の誕生日企画が行われた時に、日食なつこさんからお祝いのメッセージが届きました。

6月17日に二宮さんは、初のカバーアルバム「〇〇と二宮と」をリリースしたのですが、日食さんの楽曲「廊下を走るな」もカバーしているので、日食なつこさんからは感謝と感激の声が届きました。

日食さんからの誕生日へのお祝いメッセージを聴いた後、二宮さんは

「(日食さんは)2周目なんだよ、人生が多分… 悟ってるもんなぁ」

とボソリと呟きました。

ここです、みなさん!曲もいいですが、二宮さんは、

あんな歌詞を書いて歌にしちゃうの、日食さんくらいだわ

と、やはり、あの悟った、人生2周目みたいな歌詞にグッときているのですね!

とにかく、お祝いメッセージをもらったことをとても喜んでいた二宮さんでした。

「初めて聴きましたもん、僕のこと喋っているのを。一方的に僕がやってたんで」

と、ずっとファンだった日食さんからメッセージを貰ったことにめっちゃ興奮!

「日食なつこを好きで聴いて、もう何年経ったんだろう…?

ずーっと聴いてて…

こういう喋り方、ワードのチョイス、だからああいう曲出来上がるんだなっていうのが…

合点がいく感じが、

嘘がないっていうか いや〜間違ってなかった

すごい人だった…」

引用元: coconutsjapan.com

と感動が止まりませんでした。

あれから1年半ほど経っていますが、2023年の10月になっても、二宮さんは、いまだに、日食なつこさんの「開拓」をずっと聴いているほど曲が好きなのですね!

こちらもどうぞ⇓

二宮和也!ミセスの「Magic」が【VIVANT】の個人的テーマソング

おわりに

たしかに、日食なつこさんの曲には不思議な魅力があります。

泥臭いというか、田舎くさいというか、シンプルというか、でもそれだけじゃなくて、都会っぽい要素もあって。

個性的なアーティストで、これからも楽しみです。

スポンサーリンク