トレンドニュースをグローバルな視点からちょっと深掘りします

三浦綺羅人気の理由は?演技力とイケメンフェイスが大人顔負け!

三浦綺羅人気の理由は演技力!NHK大河&4クール連続ドラマ出演

こんにちは、karasuです。

子役の三浦綺羅さんは、現在10歳ですが、今年は4クール連続で、連続ドラマへの出演を果たしていて、その合間に、NHKの大河ドラマ「どうする家康」でも信長の幼少期を演じています。

2021年にデビューしたばかりの三浦綺羅さんが、ここまでドラマに引っ張りだこなのは、もちろん、三浦綺羅さんがイケメンだということもありますが、三浦さんの演技力が大人顔負けだからだそうです。

スポンサーリンク

三浦綺羅(みうらきら)さんについて


引用元: x.com

プロフィール

生年月日 2013年4月19日

出生地 神奈川県

家族 両親、妹(5歳年下)

職業 子役

ジャンル テレビドラマ・CM・映画

デビュー
CM 2019年
ドラマ 2021年

事務所 サンミュージックブレーン

三浦綺羅さんは、2019年から、

ベネッセ2019年度「進研ゼミ小学講座新1年生」、

マクドナルドハッピーセット「しまじろう」、

三井不動産「BE THE CHANGE子供のためのスコート教室」

などのCMに出演していましたが、正式なドラマデビューは、2021年7月期の連続ドラマ「#家族募集します」(TBS系)でした。

このドラマのために、3カ月にも及ぶ大規模オーディションが行われ、約400人の中から、見事に「横瀬大地役」を勝ち取ったのが、三浦綺羅さんでした。

三浦綺羅さんの出演ドラマ(2023年)

三浦綺羅さんは、驚くべきことに、この2023年で、すでに8つのドラマに出演しています。

「100万回 言えばよかった」木内海翔役


引用元: instagram.com

「100万回 言えばよかった」は、2023年1月期に放送された連続ドラマです。

主演の相馬悠依(井上真央)の彼、鳥野直木(佐藤健)が生きていた時にシェフをやっていた「子ども食堂」によく来ていた兄弟の弟の木内海翔を三浦綺羅さんが演じました。

お兄さんと喧嘩をして、飛び出してしまいますが、山小屋で見つかります。

この時は、可愛い、あどけない弟役を好演していました。

「ペルソナの密告 3つの顔をもつ容疑者」元村周太(幼少期)役


引用元: x.com

「ペルソナの密告 3つの顔をもつ容疑者」では、沢村一樹さんが演じる元刑事、獅子舞亘が追う児童連続誘拐事件の被疑者の元村周太(竹内涼真)の少年期役を三浦綺羅さんが務めています。

竹内涼真さん演じる元村周太の小学生時代を、まず三浦綺羅さんより2歳年下の佐藤遙灯さんが演じ、もうちょっと成長した幼少期役を、三浦綺羅さんが演じました。

現場で久しぶりに会えて、うれしそうな2人でした

引用元: x.com

大人に囲まれたドラマ撮影なので、確かにたまに同じ子供に会えたら、嬉しいんだろうなー、と思います。

「王様に捧ぐ薬指」 第3話 新田東郷(幼少期)役


引用元: instagram.com

「王様に捧ぐ薬指」は2023年4月期の連続ドラマ(火曜22時、TBS系)です。

三浦綺羅さんは、巨大企業「新田ホールディングス」の御曹司、新田東郷の幼少期役を演じました。

主役の羽田綾華(橋本環奈)と政略結婚をするのですが、だんだんお互い本当に惹かれ合うようになるという、ラブコメです。

「シッコウ!!~犬と私と執行官~」 第1話 二川悠馬役


引用元: instagram.com

「シッコウ!!~犬と私と執行官~」(火曜夜9時、テレビ朝日系)は、伊藤沙莉さん主演の、2023年7月期の連続ドラマです。

小川潤平さん作の「執行官物語」が原案になっていて、強制執行によって財産、金品、不動産などを差し押さえたり、没収したりする「執行官」の仕事が描かれています。

第一話では、アパートの家賃を払わない家族が、強制執行にあい、結局アパートを追い出されるお話です。

三浦綺羅さんは、その3人数区の長男役でした。

この子かわいいなー

と思ってたら、三浦綺羅さんでした。普通の平凡な小学生の役を上手く演じていました。

「ウソ婚」夏目匠(幼少期)役


引用元: instagram.com

「ウソ婚」は2023年7月期のカンテレ制作・フジテレビ系列の連続ドラマ(火曜、23時)です。

主演の菊池風磨(Sexy Zone)さんの幼少期役です。ヒロインは、長濱ねるさんです。

女性にモテまくる「夏目設計」の社長で一級建築士でもあるどSの夏目匠(菊池風磨)には、初恋相手の千堂八重(長濱ねる)がいて、今でも好意を寄せていたため、好きだということは伏せて「半年限定」の婚姻関係を頼む。

という話です。

大河ドラマ どうする家康 織田信長 (少年期)役


引用元: instagram.com

三浦綺羅さんは、NHKの大河ドラマ「どうする家康」でも、岡田准一さん演じる織田信長の少年時代役という大役を務めています。

27話で、織田信秀(藤岡弘)に

「誰よりも賢く、強く」

と厳しく育てられていた幼少期の信長を熱演していました。

着物姿がとってもかわいいですねー。

「君には届かない。」ヤマト / 大原倭斗(おおはら やまと) の幼少期役


引用元: instagram.com

2023年9月にスタートした深夜ドラマ「君には届かない。」(TBS系、火曜深夜 0:58)はカケルという平凡で明るく友達も多い人気者の男子と、ヤマトというイケメンで成績もいいけど無表情で口数も少ないの男子とのボーイズラブです。

三浦綺羅さんは大和、つまり、無口でイケメンな男子の幼少期を演じます。

「うちの弁護士は手がかかる」 第3話 樋口翔役


引用元: tver.jp

そして、三浦綺羅さんの最新のドラマは、「うちの弁護士は手がかかる」です。 第3話に樋口翔役で登場します。

この第3話で、三浦綺羅さんは弁護士の天野杏(平手友梨奈)に弁護を依頼する10歳の少年、樋口翔を演じます。

父が、母親を殴って逮捕された傷害事件を、示談にしてくれと言いにきます。

最初は強がって、「別に父のことはどうでもいいけど、自分に迷惑がかかるのが嫌だ」というのですが、だんだん心境に変化が出てきます。

その、心境の変化を表現するのが、みうらさんにとっては、なかなか難しかったのだそうです。

こちらもどうぞ⇓

平手友梨奈が笑わないのはキャラ作り!【不協和音】が転機でファン心配

人気の理由は


引用元: tver.jp

1つ目 大人顔負けの演技力

上記の通り、三浦綺羅さんは、3カ月の大規模オーディションの末、総勢400人の中から大抜てきされ連続ドラマ「#家族募集します」で俳優デビューを果たしましたが、

実は、その後、ドラマへのオファーが絶えなかったのだそうです。

ですが、このドラマへの出演は、オーディションで勝ち取ったのです。

三浦綺羅さんのインタビューです。

「この役はオーディションの時から“絶対に演じたい!”と思っていた役でした。

翔は、はじめは生意気ですが最後は素直に感情を出すという気持ちの変化があり、それを演じるのが難しく、何度も相沢(秀幸)監督に相談をしました。

ムロさんは撮影の前に、シーンの雰囲気や立ち位置などを教えてくれました。

“こういうシーンだけどわからない箇所はある?”や“何でも聞いてね”など細かくアドバイスをいただき、本番はしっかりと演技をすることができました」

引用元: fujitv.co.jp

karasu
すごいしっかりしてるねー
devy
まだ10歳とは思えない!

そして物語のクライマックスでは、大人顔負けの圧巻の演技を見せてくれます。

プロデューサーの金城綾香さんも、大絶賛です。

「大人たちに囲まれながらも、三浦くんは堂々としたお芝居を見せてくれました。

大人っぽい発言をする翔くんの役さながらに、大人な発言で笑わせてくれるので、現場が明るくなりました。」
引用元: fujitv.co.jp

2つ目 イケメン かわいい


引用元: x.com

これは、三浦綺羅さんの画像を見れば、一目瞭然なのではないでしょうか?

キリッとした目鼻立ちで、今は子役ですが、大人になっても、きっとずっとイケメンですね!

おわりに


引用元: tver.jp

個人的には、ドラマ「うちの弁護士は手がかかる」での平手友梨奈さんと、三浦綺羅さんのお二人の直接対決にめっちゃ興味あります。

こちらもどうぞ⇓

平手友梨奈が傍若無人でも干されない理由3つ!2025朝ドラヒロイン候補

スポンサーリンク