トレンドニュースをグローバルな視点からちょっと深掘りします

三浦宏規13歳年上の上野樹里の先輩役!「君付け」上から目線に違和感

三浦宏規13歳年上の上野樹里の先輩役!「君付け」上から目線に違和感

こんにちは。『のだめカンタービレ』のミュージカル版が、2023年10月から上演されます。主演は、上野樹里さんと三浦宏規さんで、その年の差は13歳!このキャスティングに賛否の声が上がっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

三浦宏規さんについて

プロフィール

生年月日 1999年3月24日

出身 三重県桑名市

身長 178 cm

職業 俳優、ダンサー

ジャンル 舞台

事務所 ウィルビー・インターナショナル

三浦宏規さんは、この若さですでに書ききれないほど舞台や、ミュージカルに出演されています。

舞台 (抜粋)

『Rock Ballet「義経」』

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン

ミュージカル『刀剣乱舞』

ミュージカル『レ・ミゼラブル』史上最年少でマリウス役

ミュージカル『GREASE』ダニー 役

『千と千尋の神隠し』ハク 役

『キングダム』信 役

5歳にバレエを始めて、中学生の時に、その才能を演出家で振付家の上田遙さんに見出され、中学卒業とともに状況し、上田遙さんが主宰する「煌ダンスカンパニー」で修行をしながら高校に通ったのだそうです。
中学生の頃にさまざまなバレエコンクールに入賞しています。

受賞歴

第21回全国バレエコンクール in Nagoya(2011年)男子ジュニアA部門 東海テレビ放送賞

第22回全国バレエコンクール in Nagoya(2012年)男子ジュニアA部門 第1位

第18回NBA全国バレエコンクール(2015年)[14]コンテンポラリー部門 第3位の2

『のだめカンタービレ』について

『のだめカンタービレ』は二ノ宮知子さん原作のクラシック音楽をテーマとした少女漫画で、講談社の『Kiss』で2001年から2010年まで連載されていました。

ストーリーをショートにまとめると…

野田恵というゴミだらけのアパートに住んでいて、決して清潔と言えない生活をしているけど、ピアノの才能に溢れている女子音大生と、指揮者を目指すクールなイケメン完璧主義のエリート音大生千秋真一との恋物語。

最終的には、のだめの千秋先輩への恋は実り、2人とも素晴らしい音楽家へと成長します。

フジテレビでドラマ化され、2006年10月から12月まで放送(全11話)されました。2008年1月4日・5日の2夜連続で続編のスペシャルドラマも放送されました。

2007年から2010年までフジテレビのノイタミナ枠でアニメ化されています。

そして、2009年12月と2010年4月に、完結編として映画が、前・後編の2作連続で公開されました。

上野樹里さんと玉木宏さんの絶妙なコンビ

ドラマと映画では、のだめ役の上野樹里さんと、千秋真一役の玉木宏さんの息の合った絶妙な掛け合いが大人気を博しました。

三浦宏規さんが13歳年上の上野樹里の先輩役に!

今回は「のだめカンタービレ」のミュージカル版制作の話がある事を、原作の二ノ宮知子さんから偶然聞いた上野樹里さんが「ぜひ、私にのだめ役をやらせてください」と直談判したそうです。

ところが、「じゃあ、千秋真一役は玉木宏さん?」と思いきや、、若手のミュージカル俳優でダンサーの三浦宏規さんに決定しました。

上野樹里さんと三浦宏規さんの歳の差はなんと13もあります。上野樹里さんは、つい最近「監察医朝顔」で、津波で母を亡くした主人公が、妻になり母になり、人間として少しずつ成長していく姿を丁寧に演じ大好評でした。

つまり、「上野樹里=母親役」が定着しつつあるため「今回、上野樹里さんは自分から『のだめ』を志願した」というニュースには驚く声もあります。

「くん付け」上から目線に違和感?

3月21日に都内で行われたミュージカル『のだめカンタービレ』のキャスト情報発表の記者会見でのお二人の会話では、上野樹里さんと三浦宏規さんは、完全に先輩と後輩の位置関係です。

上野さんが三浦さんに対して「くん付け」で、タメ口なのに対して、三浦さんは、上野さんに対して「さん付け」で敬語で話しています。

三浦「料理が全くできません。
チャーハン三回作って三回失敗するんです。
野菜を切ってそのまま入れるので」
上野「水がびたびたってこと?
じゃあ、水切り用のボウル買おうか
こう、遠心力、こう…」
三浦「そういうのあるんですか?」
上野「そう。ポンポンポンって押すとガーって回って、ボタンを押すと(水切りした野菜が)ギュッて止まるのがあるの。」

「のだめカンタービレ」のストーリーを知っているファンは、上野樹里さんの三浦宏規さんに対する「くん付け」や、タメ口で話すことに違和感を感じてしまうことでしょう。

上野樹里声楽レッスン今から?37歳で初ミュージカル大丈夫な理由

記者会見で終始緊張

また、三浦宏規さんは、記者会見で終始緊張されていました。冒頭の挨拶で、マイクがオンになっていないことにも、数秒気付かず、顔もこわばっていて

「わー、なんでそんなに緊張してるんだろ〜」

と見ていて心配になるほど。

また、千秋真一役に決まった心境を聞かれると

三浦「はーーーっ!怖いです、正直。『玉木さんじゃないんかい!』って 言われそうで。いや、本当に大役なので…
上野さんが、さっき『千秋先輩』って、ちょっとだけ呼んだじゃないですか。ちょっと耐えられないですね」
上野「どういうことだろう?」
三浦「好きだったので『のだめ』が。まだニヤけてます」
上野「(冗談っぽく)よろしくお願いします。千秋先輩!」
三浦「(感極まって)ああ〜ってなるんですよ。こうならないように、頑張りたいと思います。」

この会話を聞いていると、

「三浦さん大丈夫?あの千秋先輩の役をどうやってこなすんだろう?」

とちょっと疑問に思いますが、ミュージカルだから、なんとかなるんですね、きっと!

まとめ

とにかく、10月の「シアタークリエ」で行われる公演が楽しみですね。

あわせて読みたい⇓

玉木宏ロスにファン嘆く!ミュージカル版「のだめ」に起用されなかった理由

スポンサーリンク